2012年03月02日

次世代 上富田町立岡小学校

学校は中辺路の八上王子跡から稲葉根王子跡へ向かうルート沿いにあり、学校周辺を古道散策する方もみられる所です。しかし、熊野古道のことを知らなかったり、実際に歩いたことがない児童も多いので、本事業を通して地域の歴史・文化に関心を持ってもらいたいとの願いで参加されました。6年生24名の参加で、実施当日はあいにくの雨模様のため当初予定していた道普請(参詣道へ土の補充をする保全活動)は中止となり、代わりに「横断溝」と呼ばれる雨水を逃がす溝の掃除や手入れを行っていただきました。作業がやりにくい条件の中、みなさんとても熱心に取り組んでくれて、横断溝を良い状態に戻すことができました。この活動と世界遺産学習を通して、地域の歴史・文化にも愛着を持っていただけるきっかけになったのではないかと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2012年02月24日

次世代 白浜町立椿小学校

学校がある所は南紀白浜の南端にある椿温泉で知られる地域です。学校では地域の自然や行事、伝承を体験することを通して、郷土への思いを豊かに育んでいく取り組みが行われています。地域には世界遺産に登録されている大辺路の富田坂が近くにありことから、地域学習のひとつとして今回は全校児童23名が参加されました。午前中の世界遺産学習では、低学年のみなさんも説明をしっかり聞いて、ワークシートへの書き込みもがんばってくれました。午後からは三軒茶屋跡から現地学習をスタートし、低高2グループに分かれて世界遺産マスターの案内で本宮大社まで歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2012年02月23日

次世代 和歌山大学付属小学校

前日からの大雨で実施が危ぶまれましたが、時間がたつにつれて雨もあがり、無事実施することができました。和歌山大学付属小学校の皆さんは、昨年は3年生で、今年度は4年生29名での参加となり、一部は2年連続参加の児童もいたようです。学校での事前学習(県の出前授業)を行っていたので、世界遺産学習でも積極的に意見や答えを発表してくれました。午後からは降雨による道の状況を考慮し、予定のコースを短縮して現地学習を行いました。足もとを気にしながらのウォークでしたが、雨上がりのさわやかな空気の中で説明をしっかり聞き、参詣道の特色を学んでくださいました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2012年02月10日

次世代 新宮市立蓬莱小学校

蓬莱小学校のある新宮市には熊野速玉大社や高野坂(中辺路)などの世界遺産があり、地域学習として世界遺産について学ぶ機会も多いそうです。今回の蓬莱小学校6年生34名のみなさんも世界遺産についてよりよく学び、郷土に誇りを持ち大切にする心を育むために参加されました。午前中は世界遺産について画像やワークシートを使って学習していただきました。午後からは中辺路と小辺路の分岐点にある三軒茶屋跡から熊野本宮大社に向けて、世界遺産マスターに歴史や周辺の自然についての説明をしてもらいながら歩きました。児童の皆さんはとても関心を持って聞いてくださいました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2012年02月03日

次世代 田辺市立田辺第三小学校

田辺第三小学校のある田辺市は天神崎のナショナルトラスト運動で知られた地でもあり、学校の教育活動でも自然保護に関する学習がさかんに行われています。「紀伊山地の霊場と参詣道」の資産の中にも先人達の保護運動によって守られたものがあり、その運動に関わった方々の願いや意義を学習の中で取り上げられています。5年生56名参加のもと、今回は世界遺産学習においてもその点をふまえながら、世界遺産の意義やを学んでいただきました。午後からは世界遺産マスターの方々と参詣道の歴史や自然、文化的景観を実感しながら歩いていただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2012年01月20日

次世代 白浜町立安居小学校

大辺路の富田坂、仏坂が近くにある白浜町立安居小学校の1年生から6年生までの全校児童14名が次世代育成事業に参加されました。教科学習の発展として世界遺産の調べ学習や熊野古道を歩く体験活動を行い、地域の文化財や自然のすばらしさを知り、大切にしていく取り組みを行っているそうです。まず世界遺産の意味や種類などを映像とワークシートを使って学習してもらい、午後からは大斎原から本宮大社、祓殿王子跡までの文化財や周辺の自然について職員の説明を聞きながら歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2011年12月08日

次世代 那智勝浦町立下里中学校

下里中 (1).JPG那智勝浦町立下里中学校の1年生36名が地域学習をより深め、新しい発見をしたり、ふるさとを愛する心情を育てる機会として参加されました。午前中は世界遺産の成立や意義、「紀伊山地の霊場と参詣道」についての講座を受けていただき、守り継ぐことの大切さを学んでいただきました。 午後からは小雨の中、世界遺産マスターの方と三軒茶屋跡から本宮大社までを歩き、熊野参詣道と文化的景観の特色を学んでいただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2011年12月06日

次世代 九度山町立九度山・古澤・河根小学校

九度山、古澤、河根小 (7).JPG九度山町内の小学校3校の6年生44名が合同で参加されました。九度山町内には、高野山とかかわりの深い慈尊院や真田幸村ゆかりの史跡などがあり、学校でも学習教材として活用しています。今回は世界遺産マスターの説明を聞きながら歩き、地域の歴史や世界遺産についてより深く学ぶ機会として取り組んでくれました。現地学習は、慈尊院をスタートして町石道をたどりながら丹生都比売神社まで歩きました。途中で写真を撮ったり、メモをしながら歩き、また町石道のゴミ拾いも行ってくれました。午後からは高野山霊宝館の見学と世界遺産の学習をしていただき、今後の学校での学習活動に生かせてもらえる内容となりました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2011年11月25日

次世代 有田川町立白馬中学校

白馬中 (3).JPG当日の高野山は大変冷え込んで寒さの厳しい中でしたが、寒さを吹き飛ばすぐらい元気な有田川町立白馬中学校全校生徒33名の皆さんが参加されました。白馬中学校は総合的な学習の時間に地域の産業や歴史を学んでいく中で、高野山のことも知る必要があり、今回の参加のきっかけとなりました。高野山に到着後、大門付近の町石道で清掃活動を行いました。大変熱心に取り組んでくださり、たくさんのゴミが回収できました。次に世界遺産の講座を受けていただき、最後に金剛峯寺主殿内を見学しました。主殿内にある文化財や歴史上の人物との関わり、建物の特徴などを興味深く学んでいただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2011年11月18日

次世代 那智勝浦町立下里小学校

P1000733.JPG那智勝浦町立下里小学校3・4年生33名のみなさんは、今回の次世代育成事業の参加をきっかけに那智勝浦町内にある世界遺産の学習を行い、地域をよりくわしく知る活動へとつなげていく計画です。まず世界遺産についての講座で世界遺産の成立や意義と「紀伊山地の霊場と参詣道」の学習をしました。次に午後からは現地学習を行いましたが、あいにく雨模様の天候だったためコースを短縮して実施しました。子ども達は世界遺産マスターの説明に耳を傾けながら参詣道の歴史や自然、文化的景観など世界遺産としての特色を興味深く学びました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成