2012年12月14日

九度山町立九度山小学校・古澤小学校様【次世代育成事業】(2012/11/22)

 九度山町立九度山小学校と古澤小学校6年のみなさん27名が次世代育成事業に参加されました。慈尊院などを見学したのちに町石道を歩く予定でしたが、当日は降雨のため町石道を歩くのを断念しました。歩くことを楽しみにしていただいていたのでとても残念でした。慈尊院周辺を見学したのち、丹生都比売神社、高野山霊宝館を見学し、世界遺産入門講座を行いました。午後からは、一の橋から御廟までを世界遺産マスターの方々にご案内いただきながら歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:24 | 次世代育成

橋本高等学校・笠田高等学校・串本古座高等学校・古佐田丘中学校様【次世代育成事業】(2012/11/11)

 県立橋本高等学校、笠田高等学校、串本古座高等学校、古佐田丘中学校のみなさんが次世代育成事業として高野山大学を会場に開催された世界遺産条約採択40周年記念国際シンポジウムへ参加していただきました。「すばらしい世界遺産を次世代へ」というテーマで開催されるシンポジウムだったので若い世代の皆さんに参加していただいたことは大変有意義だったと思います。また、例えばユネスコスクール参加校としてなど各学校はそれぞれの研究・研修テーマに沿った課題をもって講演やパネルディスカッションを聴講していただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:19 | 次世代育成

串本町立橋杭小学校様【次世代育成事業】(2012/11/8)

平成24年11月8日(木)
 串本町立橋杭小学校6年生のみなさん12名が次世代育成事業に参加されました。橋杭小学校は、熊野灘に面し校名の通り橋杭岩の近くにある学校です。学校がある環境上、海に関した学習の経験や体験は豊富ですが、熊野古道やそれにまつわる事に関してはほとんど知らないことが多かったので、今回の学習を通して熊野の歴史や文化、世界遺産を身近に感じてもらいたいというねらいで参加されました。世界遺産入門講座の後、大門坂から熊野那智大社、そして那智大滝までを世界遺産マスターの方にご案内いただきながら歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:14 | 次世代育成

2012年12月10日

白浜町立南白浜小学校様【次世代育成事業】(2012/11/6)

 白浜町立南白浜小学校5・6年生のみなさん32名が、次世代育成事業に参加されました。白浜町立南白浜小学校は、活発に環境美化活動、自然保護活動に取り組んでおられます。この活動を通し地域に貢献し、自然を守り郷土を愛する心を育てることを目標にしています。今回は、長い歴史をすばらしい文化を育んだきた紀伊山地の自然を身近に感じ、郷土の誇れるものをこれからも大切にしていく気持ちをさらに深めてもらいたいとの願いで参加されました。三軒茶屋跡からの参詣道と周りの豊かな自然景観を味わいながら歩いていただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:19 | 次世代育成

和歌山市立山東小学校様【次世代育成事業】(2012/10/30)

 和歌山市立山東小学校5年生のみなさんが33名が、次世代育成事業に参加されました。山東小学校は学校のすぐ横を紀伊路が通ってるので、校区内に歴史ある社寺や王子社などが点在しています。今回は身近な紀伊路がどこまで続いているのか、遠い熊野までたくさんの人が通った理由を考えるために参加されました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:12 | 次世代育成

和歌山市立吹上小学校様【次世代育成事業】(2012/10/26)

 和歌山市立吹上小学校4年生のみなさん47名が、次世代育成事業に参加されました。吹上小学校は、和歌山城から南へ約1q、和歌山市の中心部にあります。校区内には古い史跡も多くありますが、紀伊山地の豊かな自然の中で長い歴史を刻んできた高野山の魅力やそこに住む人々の様子を通して、すばらしい歴史と文化と自然が郷土にはあることを実感してもらうことをねらいとして取り組んだいただきました。世界遺産入門講座の後、壇上伽藍から奥院までをいろんなことに興味を示しながら歩いてくれました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:02 | 次世代育成

2012年10月25日

和歌山市立有功東小学校様【次世代育成事業】(2012/10/19)

 和歌山市立有功東小学校6年生のみなさん31名が、次世代育成事業に参加されました。6年生のみなさんは、これまでに熊野古道に関する学習や和歌山市周辺の紀伊路を実際に歩くことを体験されてきました。当事業では、これまでの紀伊路から中辺路に学習場所を移し、世界遺産に登録されている所はどういうところなのか実際に体験し、様々なことを感じ取ってもらうねらいで参加されました。世界遺産入門講座で世界遺産について学習した後、滝尻王子跡から高原までの登り坂を歩きました。連続する登り坂に修験者の修行の様だと悲鳴を上げながらも最後までしっかり歩いてくれました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 08:46 | 次世代育成

広川町立耐久中学校様【次世代育成事業】(2012/10/17)

平成24年10月17日(水)7:30~17:00
 広川町立耐久中学校1年生のみなさん63名が次世代育成事業に参加されました。学校では、総合的な学習の時間において地域学習や国際理解をテーマにした取り組みをすすめておられ、さらに今回の参加では地域の学習から視野を広げて学習する機会として申し込んでいただきました。世界遺産入門講座を受けていただいた後、あいにくの雨模様でしたが、中辺路と小辺路の合流地点になる三軒茶屋跡から熊野本宮大社までを歩いていただきました。途中、横断溝(洗い越し)の清掃作業を行い、参詣道の保全活動に取り組んだいただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 08:40 | 次世代育成

2012年10月10日

和歌山県立和歌山ろう学校様【次世代育成事業】(2012/10/5)

平成24年10月5日(金曜日)9:00~17:00
 県立和歌山ろう学校の中学部のみなさん20名が、次世代育成事業に参加されました。ろう学校では、教科書での学習内容を一層深めるために体験学習を重視されています。今回の参加でも歴史的建造物や史跡を実際に見学することにより、郷土の歴史や文化財に関心を持ち、より理解を深め、郷土の愛する心を育んでいくことを目的にされています。生徒のみなさんは、高野山の世界遺産指定区域を巡りながら世界遺産マスターの説明を熱心に聞いてくださり、高野山の歴史と文化に関心をもってくださったようです。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 16:56 | 次世代育成

2012年09月11日

太地町立太地中学校様【次世代育成事業】(2012/9/11)

平成24年9月11日(火曜日)
 太地町立太地中学校の1学年と3学年の生徒さんと先生方(46名)が次世代育成事業に参加されました。太地町は古式捕鯨の歴史を持ち、現在も捕鯨の町として知られています。学校では町の歴史と伝統を大切にし、地域のために活躍できる生徒たちを育成する取り組みを行っておられます。今回は、太地だけではなく広く熊野の歴史や世界遺産としての熊野にも目を向けられる機会としてご利用していただきました。世界遺産入門と発心門王子跡から熊野本宮大社までを歩くことを通して、熊野の持つ奥深い歴史に触れていただくことができたと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 17:13 | 次世代育成