2015年01月05日

新宮市立神倉小学校【次世代育成事業】2014/11/26

 新宮市立神倉小学校の5年生79名が次世代育成事業に参加していただきました。神倉小学校は、その名前にあるように熊野速玉大社の元宮とも言われる神倉神社の麓に建つ小学校です。ふるさとの歴史や文化をより知って、関心をもつ機会として本事業を活用していただきました。現地学習や世界遺産学習講座の中で、世界遺産になった理由、守ることの意義や難しさについて学んでいただき、ふるさとの宝を大切にする気持ちを持っていただけたと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:26 | 次世代育成

和歌山市立吹上小学校【次世代育成事業】2014/11/21

 和歌山市吹上小学校の4年生47名が次世代育成事業に参加していただきました。吹上小学校は和歌山市の中心部にあり、自然と触れ合う機会が少ない環境にあります。本事業に参加することで紀伊山地の自然に触れながら、そこで発展してきた霊場の様子、県の特色や世界遺産に関心を持ち、調べ学習や発表活動へと進めていく計画です。4年生には高野山の歴史や宗教については難しい内容でしたが、現地学習の檀上伽藍を興味深く見学していただけました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:24 | 次世代育成

有田市立田鶴小学校【次世代育成事業】2014/11/20

 有田市立田鶴小学校の6年生32名が次世代育成事業に参加していただきました。有田市内にも熊野古道が通り、古道沿いには王子社跡や中将姫伝説で有名な得生寺がありますが、学校のある地域とは少し離れているため熊野参詣のことには、馴染みのない児童が多いということでした。今回の参加で地元を通る熊野古道の歴史的意義や世界遺産のことについて知り、故郷に誇りと愛する気持ちを培うよい機会にしていただけたものと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:23 | 次世代育成

御坊市立藤田小学校【次世代育成事業】2014/11/18

 御坊市立藤田小学校の6年生41名が次世代育成事業に参加していただきました。学校の近くを熊野古道が通っていることや道成寺、王子社跡があり、熊野三山参詣と係わる文化財や伝承が多く残されている地域のため、郷土の学習に世界遺産学習を活用していただくことになりました。この事業を通して郷土の文化財の意義を理解し、大切にする気持ちを培う機会となってくれたことと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:22 | 次世代育成

那智勝浦町立太田小学校【次世代育成事業】2014/11/17

 那智勝浦町立太田小学校の3年生から6年生までの38名が次世代育成事業に参加していただきました。学校の少し南には大辺路が通り、その道沿いに那智山と密接な関係にあった大泰寺が建っています。また、学校周辺は自然に恵まれ、田畑も多く、それらを活かした学習活動に取り組んでおられます。今回の事業への参加も世界遺産のことだけではなく、地域をよりよく知る学習体験として活かしていただきました。

posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:21 | 次世代育成

和歌山市立有功小学校 和歌山市立有功小学校 和歌山市立有功小学校 和歌山市立有功小学校【次世代育成事業】2014/11/7

 和歌山市立有功小学校の5年生67名が次世代育成事業に参加していただきました。和歌山の世界遺産をより知ることでふるさとの歴史や文化に関心を深め、誇りを持てるようにとこの事業に取り組んでいただきました。午前中は世界遺産学習講座を受けていただき、午後からは伏拝王子跡から熊野本宮大社までの熊野参詣道を世界遺産マスターの案内で歩いていただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:18 | 次世代育成

慶風高等学校【次世代育成事業】2014/11/5

 慶風高等学校の55名が次世代育成事業に参加していただきました。昨年度に続き、2回目の参加です。昨年は、現地学習で奥院を歩いていただきました。今回は奥院と並びもう一つの聖地、壇上伽藍を世界遺産マスターとセンター職員のガイドで見学していただきました。伽藍地区は密教思想に基づく堂・塔が建てられ、重要な法会が行われている場所なので、密教の考えや高野山の歴史を体感していただけたと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:17 | 次世代育成

和歌山県立古佐田丘中学校【次世代育成事業】2014/10/30

 橋本市の県立古佐田丘中学校の2年生83名が次世代育成事業に参加していただきました。午前中は、60町石のある矢立という所から高野山金剛峯寺までの高野山町石道を世界遺産マスターのガイドで歩き、午後は、世界遺産学習講座を受けていただきました。中学校では「ふるさと学習」として地域のたからものについて調べ、発表する計画の中でこの事業を活用していただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:16 | 次世代育成

和歌山県立粉河高等学校【次世代育成事業】2014/10/26

 県立粉河高等学校の環境について学んでいるグループの方々18名が次世代育成事業に参加していただきました。粉河高校のある紀の川市から田辺市本宮町までは車で片道3時間ほどかかりますが、熊野地域での信仰の歴史と環境の係わりを学びに来ていただきました。現地学習を通して自然崇拝を起源に持つ熊野三山と熊野参詣道沿いの信仰と人々の生活が係わって生まれた文化的景観を体感していただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 10:14 | 次世代育成

2014年10月24日

和歌山県立日高高等学校 2年生 和歌山県立日高高等学校 2年生 県立日高高等学校2年生【次世代育成事業】2014/10/22

 和歌山県立日高高等学校2年生75名のみなさんが、次世代育成事業に参加していただきました。今回は田辺市本宮町行政局で世界遺産講座を行いましたが、その様子を「はばたく紀の国」という教育広報番組のために撮影が行われました。午後から雨の心配をしながら三軒茶屋跡から熊野本宮大社と大斎原(旧社地)までの中辺路を世界遺産マスターと職員で案内しながら歩いていただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 15:23 | 次世代育成