2016年11月12日

和歌山県立海南高等学校大成校舎【道普請】2016/11/12

 海南高等学校大成校舎の50名の生徒さんたちは、この日世界遺産学習の一環として道普請と高野山内の散策を行いました。同校は、事前にセンター職員を招聘し世界遺産入門(講義)を受けられ、道普請にも活動の意義をよく理解した取り組みであったと感じました。道普請は、高野山町石道60町石付近の補修作業を2tの土を使って行いました。これからも、世界遺産学習頑張ってください。

posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

南海電気鉄道株式会社【道普請】2016/11/12

 南海電気鉄道株式会社様は、道普請に参加いただき今年度7回目になりました。同社は、グループ経営方針に「安全、安心」「環境重視」「コンプラインスの徹底」「顧客志向の追求」の4つを普遍的テーマにCSRに取り組まれています。今回は、「世界遺産を歩こう!道普請ウォーク」で一般参加者を募り、24名の方々が1tの土を使い高野山町石道158〜159町石付近の補修を行いました。町石の道普請と併せてトレッキングも楽しまれました。今後共、道普請をどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年11月05日

関西東急会和歌山地区部会【道普請】2016/11/05

 関西東急会和歌山地区部会様は、道普請に参加いただいて本年度で6回を数えました。
 伏拝王子は、熊野参詣道中辺路沿いにあり享保15年(1730年)の『九十九王子記』に登場し、石祠と和泉式部供養塔と伝わる卒塔婆がある古道の見所の一つです。この日は、51名の皆様が2tの土を使って古道補修を行いました。そして、作業後本宮大社までのトレッキングも楽しまれました。来年度、7回目の道普請をお待ちしております。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年11月03日

株式会社JTBメディアリテーリング西日本事業部【道普請】2016/11/03

 文化の日、秋晴れの好天の下、株式会社JTBメディアリテーリング西日本事業部から53名の皆様が道普請に参加されました。参加の大半が若者たちで、溌剌とした活動ぶりが清々しくもあり古道(祓殿王子周辺)一体が元気な空気で包まれたように感じられました。用意された土1tもすぐになくなり、その後本宮大社に参拝してこの日の道普請行程は無事終了となりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年10月23日

JT熊野古道を歩く道普請の仲間たち/秋の石畳再生道普請【道普請】2016/10/23

 日本たばこ産業株式会社様は昨年まで大阪支所の皆様方が、熊野古道中辺路女坂で「熊野古道石畳再生プロジェクト」に取り組まれていました。今年度からは、有志の皆様方が場所を伏拝王子跡周辺に移し、道普請を続けられました。参加された有志の皆様は10名、それぞれピックと三角ホーを持ち汗を流されました。秋の好日、しんどい作業の中でも笑い声の絶えない楽しい活動でした。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年10月22日

花王株式会社和歌山事業場【道普請】2016/10/22

 花王株式会社和歌山事業場は、今回5回目の記念すべき道普請となりました。県世界遺産協議会から、感謝状を送らせていただきました。道普請で使用した土は4t、92名の皆様が三軒茶屋で取り組みました。三軒茶屋跡は、熊野古道小辺路との合流点にあり現在、往事を忍び関所もつくられています。秋の好日、同事業場の皆様方は道普請のほか、古道トレッキングも道の駅熊野古道中辺路から牛馬童子、近露王子跡の約1.3kmで楽しまれました。来年度のご予約もいただいており、これからの活躍にご期待申し上げます。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年10月20日

和歌山県立新翔高等学校【道普請】2016/10/20

 同校にとっての道普請は、通算9回目になります。今回、祓殿王子跡周辺での道普請は、31名で1tの土を使って古道補修に取り組みました。祓殿王子は、本宮大社まで数百メートルしかなく、他の王子とは異なり参拝の直前に身を清める潔斎所としての性格を持っていた王子社と見られているといわれます。生徒たちは真面目に取り組み、地域への貢献度は極めて大きいと思われます。
 次回は、10回目の節目の道普請になります。よろしくお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年10月16日

株式会社 紀伊民報【道普請】2016/10/16

紀伊民報の皆様方は、田辺市本宮行政局様から要望のあった伏拝王子跡の植え込み部分の土補充を行いました。今回の参加者は、和歌山大学の留学生の皆様も加わった12名の皆様でした。用意した1tの土は手慣れた様子で片付いていき、秋晴れの一日、紀伊民報様にとって5回目の道普請は楽しく終了いたしました。世界遺産協議会からは、そのご支援に対し感謝状をお送りしました。
 次回は、6回目の道普請になります。よろしくお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年10月15日

株式会社 阪急交通社【道普請】2016/10/15

 今回の阪急交通社の皆様方の道普請は、HHHDグループ「阪急阪神未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環で実施された社会貢献活動です。作業は、高野山町石道58町石/矢立付近で、2tの土を使い94名の皆様方で行いました。秋の好日、参加の皆様方は道普請で汗を流された後、伽藍地区を散策されました。
 来年もお待ちしております。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2016年08月21日

49-3即応予備自衛官【道普請】2016/08/21

 49-3即応予備自衛官有志15名の皆様方は、伏拝王子跡で2tの道普請に取り組まれました。今回で4回目、少ない人数ながら慣れた様子で作業を進め、見る間に2tの土の山はなくなっていきました。伏拝王子は、熊野参詣道中辺路沿いにあり享保15年(1730年)の『九十九王子記』に登場し、石祠と和泉式部供養塔と伝わる卒塔婆がある古道の見所の一つです。現在、センターではこの周辺部分の道普請に力を入れています。今回の即応予備自衛官の皆様方の活動は、日頃気になっていた箇所を完全に補修していただけました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請