2018年08月19日

49−3即自有志【道普請】2018/08/19

IMG_0058-2.jpg 49−3即自有志の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝)で道普請を行っていただきました。
 まず、伏拝王子跡付近の土置き場では、土嚢袋への土入れ作業を行っていただきました。また、同時に作業箇所まで資材を運んでいただき、土留めのための横木を4本設置していただきました。横木の設置では、横木を固定するために杭を打ちます。杭は、なたとかけやを使って丸木を半分に割り作っていただきました。その杭をかけやを使って打ち込んでいただきました。
 作業箇所での準備が終わると、いよいよ土嚢袋に入った土を運ぶ作業です。両手に持ったり、または背負子に入れ背負ったりして運んでいただきました。中には背負子+両手という方もおられました。2tの土を、約500m離れた作業箇所まで運び、補充していただきました。補充したところは、「たこ」という土を固める道具を使ってドンドンと突き固めていただきました。
 道普請の作業は、すべて手作業で行います。お盆を過ぎ、少し涼しくなってきましたが、それでもやはり8月。暑さの厳しい中での作業でしたが、参加された14名の皆様の力で、無事2tの土を補充することができました。
 即自有志の皆様方、いつも暑い時期に厳しい内容の作業をしていただき、本当にありがとうございます。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 また、今回の道普請には、海南市から1名、環境保全活動に興味をもたれている方がボランティアでご参加くださいました。ありがとうございます。このようにして、どんどん参詣道保全の輪が広まっていってくれることを心より願っております。



IMG_0061-2.jpg



IMG_0065-2.jpg
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年07月21日

一般財団法人地域活性化センター(地方創生実践塾)【道普請】2018/7/21

 一般財団法人地域活性化センターが主催する「地方創生実践塾」が行われ、その中のフィールドワークとして道普請を行っていただきました。場所は、熊野参詣道中辺路伏拝王子跡付近で行いました。内容は、参詣道の土が流されてしまった箇所への土の補充及び整地作業でした。
 参加された皆様方には、土置場から土の補充箇所まで何度も往復していただきました。そして、約1トンの土を補充していただきました。土を入れたところは、たこでしっかりと固めていただきました。
 道普請の後は、伏拝から熊野本宮大社、そして大斎原までを語り部さんとともに歩かれました。非常に暑い中での活動でしたが、汗をかきながら、皆様真夏の熊野を満喫いただいたことと思います。
 参加された皆様方、参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

高野参詣道町石道環境保全トレッキング【道普請】2018/7/21

 今回の参詣道環境保全トレッキングは、高野参詣道町石道で行われました。京阪神を中心に130名を越える皆様方にご参加いただきました。
 道普請は、40町石付近で行いました。土置場から、土の入った土嚢袋を持っていただき、作業箇所まで約100m程運んでいただきました。平坦な道なら良かったのですが、土置き場から土の補充箇所までは、ずっと急な上り。一人2往復していただきました。厳しい暑さも伴い、大変な作業でした。しかし、みなさんの力が合わさり、無事2トンの土をすべて補充することができました。あちこちで木の根が露わになっていた所が、もともと土があった高さ付近まで土を補充することができました。
 トレッキングは、矢立〜40町石〜壇上伽藍〜金剛峯寺という約7kmのコースでした。非常に暑い中での活動になりましたが、参加された皆様には、夏の高野を満喫していただけたことと思います。また、自分の手で世界遺産を守るという貴重な経験もしていただくことができました。
 参加された皆様方、参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。



IMG_9767-2.jpg



IMG_9784-2.jpg
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年07月15日

インド・マハラシュトラ州学校関係者【道普請】2018/7/15

 インド、マハラシュトラ州にある学校の生徒さんや先生方、行政関係の方々に、熊野参詣道中辺路伏拝で道普請を行っていただきました。
 参加いただいた皆様には、まず午前中に熊野本宮館多目的ホールにて世界遺産や紀伊山地の霊場と参詣道についての話を聞いていただきました。また、和歌山県世界遺産協議会が行っている「次世代育成事業」の取り組みや使用しているガイドブックについての話なども聞いていただきました。
 そして午後から、伏拝王子跡付近に場所を移動し、道普請を行っていただきました。土置き場から土嚢袋に入った土を持ち、約20m離れた作業箇所まで運んでいただきました。約1トンの土すべてを運び終えるまで何度も往復していただき、無事にすべての土を補充することができました。土を補充し終わった後は、たこで土を固めていただきました。日差しがきつく、気温もかなり高い中での作業でしたが、みなさん最後までがんばって作業していただきました。
 道普請終了後は、伏拝王子跡から熊野本宮大社までのウォーキングをされ、熊野の魅力をたっぷりと肌で感じていただけたことと思います。参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
IMG_9743-2.jpg
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年07月07日

さわかみ一般財団法人【道普請】2018/7/7

 さわかみ一般財団法人の皆様方に、熊野参詣道中辺路赤木越(湯の峰温泉付近)で道普請を行っていただきました。赤木越は、熊野参詣道中辺路の船玉神社付近から湯の峰温泉へと至る道です。
 赤木越での道普請は、今回初めて行いました。大雨により実施自体が危ぶまれましたが、なんとか行うことができました。
 湯の峰温泉側から上り、約20mの地点から約100mの地点までの区間で、参詣道を雨水から保護するために横断溝を設置していただきました。参詣道の上を雨水が流れると、土が削られ傷んでしまいます。それを防ぐために、横断溝は非常に有効です。雨が降りしきり非常に厳しいコンディションの中での作業でしたが、6か所に横断溝を設置していただきました。皆様の「参詣道を守りたい。」という熱意が非常に伝わってきました。
 横断溝の設置のほかに、朽ちてきていた小橋の丸太の取り換えも行っていただきました。また、午後からは場所を変え、伏拝王子跡から祓殿の区間の側溝清掃も行っていただきました。
 1日がかりでしかも雨の中での作業でした。疲れも多く残ったと思いますが、やりきった感も非常に大きかったのではないでしょうか。
 さわかみ一般財団法人の皆様方は、今回で14回目の道普請ウォークへのご参加となりました。参詣道の保全活動への継続した取り組みに、深く感謝いたします。また、いつもハードな作業をしていただきまして、誠にありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
IMG_9516-2.jpgIMG_9719-2.jpg
IMG_9506-2.jpgIMG_9715-2.jpg
道普請前
道普請後

IMG_9652-2.jpg
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年06月17日

田辺市職員労働組合【道普請】2018/06/17

 田辺市職員労働組合の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝)で道普請を行っていただきました。作業いただいた場所は、伏拝王子跡から熊野本宮大社に向かって約500m下ったところでした。
 以前に一度土の補充をしたところですが、その直後に降った雨により土が一部流されてしまっていました。そこへ約1tの土を補充し、整地していただきました。伏拝王子跡近くの土置き場から、土の入った土のう袋を持ち、長い距離を運んでいただきました。前半は平坦な道ですが、後半は下りの階段。土を入れた後の帰り道は厳しい上りです。一人3往復程していただき、無事すべての土を補充することができました。
 参加された皆様方は、道普請の前に、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」についての講座を受けられ、その後、バスにて伏拝口バス停まで移動し、そこから語り部さんに案内いただきながら伏拝王子跡までを歩かれました。また、道普請の後は、伏拝王子跡から熊野本宮大社までを、途中道普請をした場所も通りながら、歩かれました。
 道普請開始直前に雨がぽつぽつしてきましたので、道普請ができるのか不安になりましたが、お天気もなんとかもちました。参加いただいた皆様、参詣道の保全活動に取り組みいただき、ありがとうございました。またのお越しを、心よりお待ちしております。
IMG_9439-2.jpgIMG_9443-2.jpg
道普請前
道普請後

posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年06月16日

日本電通株式会社【道普請】2018/06/16

 日本電通株式会社の皆様方に、高野参詣道町石道(40町石付近)で道普請を行っていただきました。作業箇所は、昨年度道普請をしていただいた所の少し上方でした。雨水により土が削られ流されてしまった所に、約1tの土を補充し整地していただきました。
 参加された皆様方は、午前中金剛峯寺、檀上伽藍を散策し、昼食後、大門から町石道を約1時間歩かれ、40町石に到着されました。到着後、町石道や道普請についての説明を聞き、その後作業開始となりました。土置場から坂道を何度も往復して土を運んでいただきました。また、たこでの整地作業もしていただきました。
 道普請終了後は、再び町石道ウォーキング。40町石から矢立までを歩かれ、そして紀伊細川駅まで下りられました。
 日本電通株式会社の皆様方の道普請への参加は、今回で6回目となりました。参詣道の保全活動に継続してお取り組みいただき、誠にありがとうございます。またのお越しを心よりお待ちしています。
IMG_9411-2.jpgIMG_9413-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年06月02日

一般社団法人日本旅行業協会関西支部(JATA)【道普請】2018/06/02

 一般社団法人日本旅行業協会関西支部(JATA)の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝)で道普請を行っていただきました。JATAの皆様方は、今回で7回目の道普請ウォークへの参加になります。これまでは祓殿にて道普請を行っていただいておりましたので、今回初めて伏拝での道普請となりました。
 参加された皆様方は、伏拝口バス停から歩かれ、伏拝王子跡に到着後、作業開始となりました。雨水により土が削られ流されてしまった部分への土の補充及び整地作業をしていただきました。補充していただいた土は、約1トン。土嚢袋への土入れ作業やそれを補充箇所まで運ぶ作業、補充したところを「たこ」で固める作業をしていただきました。天気も良く、暑さが厳しい中での作業となりましたが、皆様和気合い合いとした雰囲気で楽しく作業していただきました。
 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動を継続して行っていただき、誠にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_9192-2.jpgIMG_9316-2.jpg
IMG_9198-2.jpgIMG_9323-2.jpg
道普請前
道普請後

posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

三菱UFJフィナンシャル・グループ【道普請】2018/06/02

 三菱UFJフィナンシャル・グループの皆様方に、熊野参詣道中辺路(式水)で道普請を行っていただきました。
 参加いただいた皆様は、まず世界遺産熊野本宮館にて世界遺産講座を受講され、世界遺産や紀伊山地の霊場と参詣道、熊野についての話をお聞きいただきました。そして、参詣道(式水付近)に場所を移動し、道普請を行っていただきました。
 作業内容は、雨水で流出してしまった箇所への土の補充及び整地作業でした。道休禅門地蔵付近に約3tの土を補充していただきました。土置き場からは上り坂が続きますが、皆様で協力し合い、無事に3tの土を運び終えることができました。たこでの整地作業もしていただき、しっかりと固めていただきました。約20mの区間にわたって土を補充していただき、固めていただきました。道普請をする前と比べると、土の補充された様子がよく分かります。また、式水から道休禅門地蔵付近までの溝もきれいにしていただきました。これで参詣道上に雨水が流れるのを少しでも防ぐことができます。これからの梅雨の季節を考えると参詣道を守る上で非常に有効な作業をしていただきました。
 三菱UFJフィナンシャル・グループ様の道普請への参加は、今回で8回目となりました。継続した取り組みに、深く感謝いたします。今後とも、「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動へのご協力のほどをよろしくお願いいたします。
IMG_3125-2.jpgIMG_3138-2.jpg
IMG_9232-2.jpgIMG_9308-2.jpg
道普請前
道普請後

posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2018年05月27日

株式会社紀伊民報・AHIYADEVI校【道普請】2018/05/27

 株式会社紀伊民報の皆様方とインドのAHIYADEVI校の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝)で道普請を行っていただきました。内容は、雨水により土が流れてしまった箇所への土の補充及び整地作業でした。
 初めに紀伊民報の皆様方に土嚢袋への土入れ作業を行っていただきました。お子さんたちも、はりきってスコップで土をすくい、土嚢袋へ入れてくれていました。AHIYADEVI校の皆さんが到着した後、いっしょに土の運搬作業や整地作業をしていただきました。また、AHIYADEVI校と交流するために来ていた田辺高校の生徒さん3名もいっしょに作業をしていただきました。
 土置き場から作業場所までは、約120m。何度も往復していただき、約2トンの土を無事に補充することができました。補充したところは、たこでドンドンと突き、しっかり固めていただきました。AHIYADEVI校の皆さんは、それぞれ二人でたこを持ち、息を合わせて突いて固めていました。
 株式会社紀伊民報の皆様は、今回で7回目の道普請でした。いつも参詣道の保全活動にご協力いただき、ありがとうございます。また、AHIYADEVI校の参加者の方は、「今回日本に来て紀伊山地の霊場と参詣道を直接見ることができ、とても感動しました。」とおっしゃってくれていました。道普請、そして「紀伊山地の霊場と参詣道」が日本での良い思い出になってくれれば幸いです。
IMG_9176-2.jpgIMG_9210-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請