2015年12月25日

平成27年度保存活用団体連携促進研修事業

 平成27年12月1日(火)三重県熊野市(熊野市教育委員会共催)において、和歌山・三重・奈良各県から20団体/161名の参加のもと、保存活用団体連携促進研修事業(わかやま世界遺産地域交流会)を開催いたしました。三重県での開催は、平成20年度尾鷲市(「熊野古道センター」)以来2度目となります。
 この事業は、地域で活躍している参詣道保存団体、語り部団体の皆様方を対象に、日常活動している地域だけでなく、参詣道全体の理解や交流を深めるために平成18年度から実施しています。第1部は、熊野市「熊野市文化交流センター」を主会場に、基調講演『文化的景観と森林』(講師)速水林業代表/速水亨氏ならびに、現地研修についての説明『伊勢路風伝峠の魅力』(講師)熊野古道語り部友の会幹事/清水鎮一氏の各講義を実施いたしました。
 第2部は現地研修として、熊野参詣道伊勢路「風伝峠」を熊野古道語り部友の会の皆様方に、ご案内いただきました。
 伊勢路には、花の窟付近から新宮へ向かう七里御浜街道と分かれて、熊野本宮へ向かうルート本宮道があり、途中御浜町栗須と紀和町矢の川を結ぶ「風伝峠」があります。紀和町大河内周辺には一部石畳の古道も残っていて、参詣道であった往時を偲ぶことができる道です。
 本事業の開催にあたり、ご支援いただきました関係者の皆様方にあらためてお礼申し上げますとともに、今後3県の交流が一層深まりますことを心より祈念いたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 13:05 | 保存活用団体連携促進研修

2011年12月01日

保存活用団体連携促進研修(2011/12/01)

平成23年12月1日(木)和歌山県西牟婁郡すさみ町において、和歌山・三重・奈良各県から14団体・141名の参加のもと、保存活用団体連携促進研修事業(わかやま世界遺産地域交流会)を開催しました。この事業は、地域で活躍している参詣道保存団体、語り部団体の方々を対象に、日常活動している地域だけでなく、参詣道全体の理解や交流を深めるために平成18年度から実施しています。第1部では、すさみ町「ホテル・ベルヴェデーレ」にて、和歌山(高野・熊野・大辺路各地域協議会代表)、三重(熊野古道語り部友の会代表)、奈良(十津川鼓動の会代表)による活動状況等の発表を行い、熊野古道・大辺路「長井坂」の紹介がありました。第2部では、現地研修となる熊野古道・大辺路「長井坂」ウォークを行いました。大辺路は田辺市から海岸線に沿いに進み、熊野三山に至る道であり、奥駈をする修験者や西国巡礼を三十三回行う「三十三度行者」と呼ばれる専門の宗教者が辿る道でもありました。江戸時代以降は、信仰と観光を兼ねた人々の利用が知られています。本来の姿が良好に保たれている範囲は限られますが、海と山の織りなす美しい景観に恵まれた道です。この研修を通して、3県の交流が今後いっそう深まることを期待しています。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 保存活用団体連携促進研修

2010年12月01日

保存活用団体連携促進研修(2010/12/1)

 この日、和歌山県世界遺産センターでは、今年度の「三県地域間連携事業」(和歌山県世界遺産協議会)を、十津川温泉ホテル昴(奈良県十津川村)を会場に行いました。
 この事業は、5年前より、県内でご活躍の古道保存団体・語り部団体の皆様方を対象に、相互連携の促進を目的として、研修会・交流会を実施しています。今年度も、奈良県・三重県の各団体のご協力の下、三県合同で開催することができました。主な内容は、各地域の活動状況の報告会や記念講演(『幕末の十津川郷士』講師(松實 豊繁氏))、現地研修「果無峠コース(柳本橋〜果無集落)」への取り組みです。
 今年度の参加者総数は、約150名で(事務局職員を含め)、内訳は和歌山県(11団体/101名)、奈良県(4団体約16名)、三重県(1団体30名)でした。終了後、参加の皆様方からは、有意義な時間を過ごすことができたと好評をいただきました。
※現地研修「果無峠コース(柳本橋〜果無集落)」
 歩行距離:1.4km 歩行時間:1時間
 小辺路の果無峠越えは、標高150m 前後の十津川温泉から1000m強の果無峠まで登ります。
※十津川郷士
 南大和(奈良県)の十津川郷に在住していた郷士集団のことです。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 保存活用団体連携促進研修

2009年12月01日

保存活用団体連携促進研修(2009/12/1)

20091201.JPG
 和歌山県世界遺産センターでは、12月1日、「地域間連携促進事業」(和歌山県世界遺産協議会事業)に取り組みました。
 この事業は、平成18年度より、県内でご活躍の古道保存団体・語り部団体の皆様方を対象に、研修・交流会を実施してきました。
 今年度は、世界遺産登録5周年という節目の機会をとらえ、奈良県・三重県との合同による相互活動状況の報告等、地域間連携の進展を目的に開催しました。
 参加団体は、和歌山県(約100名[12団体])、奈 良 県(約 10名[ 1団体])、三 重 県(約 20名[ 1団体])で、合計約130名(14団体)の方々に参加していただきました。
 ここでの研修は、講話『文化的景観』(辻林浩和歌山県世界遺産センター長)と現地研修「大日越コース(湯峯温泉〜旧社地大斎原)」、また各地域の代表団体による活動報告を下に交流を行うことで内容を構成しました。
 会の終了後、参加の皆様方からは、有意義な時間を過ごすことができたとお話をいただきました。
※「大日越コース(湯峯温泉〜旧社地大斎原)」… 歩行距離:3.4km 歩行時間:1.2時間 所要時間:約2時間大日越は、熊野本宮大社と湯峯温泉を結ぶ山越えの古道です。距離は3.5km程度と短いのですが、本宮大社側からの急な階段状の上りがきつくなっています。
(湯峯温泉、湯峯王子、鼻欠地蔵、月見ヶ丘神社、熊野本宮大社など)
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 保存活用団体連携促進研修

2008年09月30日

保存活用団体連携促進研修(2008/09/30)

 9月30日(火)三重県熊野古道語り部の会との交流ということで、三重県尾鷲市及び熊野市において約140名(12団体)の参加のもと和歌山県世界遺産協議会地域交流会を開催しました。
 この交流会は、地域で活躍している参詣道保存団体、語り部団体の方々を対象に、日常活動している地域だけでなく、参詣道全体の理解や交流を深めるために平成18年度から実施しています。

20080930-1.jpg
 第1部では、尾鷲市にある三重県立熊野古道センターにおいて、熊野古道センター長花尻氏より「小野蘭山と紀伊山地の植物」のお話しをしていただき、その後、三重、高野、熊野、大辺路の各地域の団体による活動状況等の発表を行いました。

20080930-2.jpg
 第2部では、バスにて熊野市まで移動し、三重県熊野古道語り部の会の案内による松本峠ウォークを行いました。5班に別れ歩き、各班とも交流を深めていました。竹林に囲まれた峠には、鉄砲で撃たれたと伝わる地蔵があり、途中の梅林からは七里御浜が一望できます。ぜひ皆さんも歩いてみてください。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 保存活用団体連携促進研修