2018年11月16日

和歌山市立楠見西小学校【道普請】2018/11/16

IMG_1508-2.jpg
 和歌山市立楠見西小学校4年生のみなさんに、高野参詣道女人道(お助け地蔵付近)で道普請を行っていただきました。
 今回の道普請は、次世代育成事業の一環として行いました。午前中は壇上伽藍・金剛峯寺にて県世界遺産マスターの方々とともに現地学習を行い、昼食後、道普請を行っていただきました。
 雨水により土が削られてしまったところへ、土を補充しました。補充した土の量は約1トン。みんなで協力して、作業場所まで運びました。みんな元気いっぱいの様子で、何往復もしてくれました。土を入れたところは、たこで突き固めました。この作業もみんなで協力して、交代しながらしっかりと固めていただきました。
 楠見西小学校のみなさんは、初めての道普請ウォークへの参加でした。世界遺産に直接触れ、自分の手で保全活動を行うという貴重な経験ができたと思います。みなさん、保全活動にご協力いただきありがとうございました。
IMG_1502-2.jpgIMG_1524-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請