2018年11月16日

和歌山市立楠見西小学校

 和歌山市立楠見西小学校の4年児童と先生方が参加して下さいました。
 和歌山県世界遺産マスターさんの案内により高野山壇上伽藍と金剛峯寺での現地学習を行い、午後からは女人道・助けの地蔵付近での道普請をしていただきました。
IMG_4764.jpg 少し寒い日でしたが、児童の皆さんは元気一杯。現地学習では、熱心にマスターさんの話を聴き、道普請では、頑張ってたくさんの土のう袋を運んでくれ、1トンの土があっという間に補充されました。
 今回の経験が、今後の郷土学習・歴史学習などの一助となれば幸いです。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 17:15 | 次世代育成