2018年10月04日

御坊市立河南中学校【道普請】2018/10/04

IMG_0674-2.jpg
 御坊市立河南中学校1年生の皆さんに、熊野参詣道中辺路(祓殿)で道普請を行っていただきました。
 今回の道普請は、次世代育成事業の一環として行いました。午前中は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」についての学習をし、午後からは和歌山県世界遺産マスターの方にご案内いただきながら三軒茶屋跡から熊野本宮大社間を歩き、現地学習を行いました。現地学習の中で道普請を行いました。
 予定では土の補充作業をすることになっていましたが、あいにくの天気のため、参詣道にある溝の清掃作業を行いました。横断溝や側溝に溜まった土や落ち葉、枯れ枝をきれいに取っていただきました。これまでは、溝が詰まっているところが何か所かあり、溝から溢れた雨水が参詣道上を流れ、参詣道を傷めてしまっていました。皆さんの作業のおかげで、それを防ぐことができます。ありがとうございました。
 世界遺産に直接触れ、保全活動を自分たちの手で実際に行うというすばらしい経験ができたと思います。参詣道の保全活動にご協力いただき、ありがとうございました。
IMG_0666-2.jpgIMG_0677-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請