2018年09月15日

株式会社阪急交通社【道普請】2018/09/15

 阪急交通社の皆様方に、高野参詣道女人道(大門付近)で道普請を行っていただきました。今回の作業箇所は、女人道の大門から弁天岳へと上がる登り口の部分でした。雨水により土が削られ傷んでいるところに、約2トンの土を補充していただきました。
 まず、道普請についての説明を聞いていただいた後、土嚢袋に入った土を皆様で運んでいただきました。約2tの土も、80名の皆様の力であっという間に補充されていきました。補充したところは、「たこ」という土を固める道具を使ってドンドンと突き固めていただきました。たこは7〜8kgの重さがありしんどい作業でしたが、皆様で交代しながらしっかりと土を締め固めていただきました。
 阪急交通社の皆様は、今回で4回目の道普請ウォークへのご参加となりました。いつも参詣道の保全活動にご協力いただきありがとうございます。またのご参加、心よりお待ちしております。
IMG_0434-2.jpgIMG_0486-2.jpg
IMG_0442-2.jpgIMG_0494-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請