2018年05月17日

富士古河E&C株式会社【道普請】2018/05/17

 2日目の17日は、朝から道普請を行いました。前日に土を補充した個所のさらに下の所に土を補充していただきました。2日目の土量は、約5トン。午前9時半から作業を開始し、昼食を挟んで午後3時まで作業を行いました。両日とも日差しがきつくかなりハードな作業となりましたが、おかげで長い区間にわたって参詣道の元の高さ近くまで土を補充することができました。歩かれる人にとっても、非常に歩きやすくなりました。
 参加された皆様は、翌日、語り部さんとともに発心門王子跡から熊野本宮大社まで約7kmのウォーキングをされました。初夏の熊野を満喫いただけたことと思います。また、ウォーキングの途中には、皆様方が道普請をした所も通られました。保全活動を行ったやりがいのようなものもさらに肌で感じていただけたのではないかと思います。
 富士古河E&C株式会社様には、昨年度から新入社員研修として道普請ウォークにご参加いただいております。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動にお取り組みいただき、誠にありがとうございます。またのお越しを、心よりお待ちしております。
IMG_9019-2.JPGIMG_9010-2.JPG
IMG_9009-2.JPGIMG_9003-2.JPG
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請