2018年04月14日

南海電気鉄道株式会社【道普請】2018/4/14

 南海電気鉄道株式会社の皆様方に、高野参詣道町石道(160町石付近)で道普請を行っていただきました。内容は、雨水により土が削られてしまった箇所への土の補充及び整地作業でした。
 参加された皆様は、まず九度山駅からウォーキングをされました。慈尊院から町石道を歩き、160町石付近まで約3.7kmを歩かれました。上り坂を歩き続けてすぐの作業でしたので、大変だったと思います。土置場から土嚢袋を手に作業箇所まで歩き、土が削られ低くなった部分へ土を補充していただきました。補充した個所は、たこを使って、皆様で交代しながら固めていただきました。
 南海電気鉄道株式会社の皆様は、今回で10回目の道普請ウォークへのご参加となりました。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動への継続した取り組みに心から敬意を表し、作業終了後に感謝状をお贈りいたしました。
 道普請の後は、展望台まで移動し、昼食をとられました。その後、道の駅「柿の郷くどやま」まで歩かれました。雨が心配されましたが、道普請ウォークの間は良い天気で、皆様気持ちの良い一日を過ごすことができたのではないでしょうか。参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。またのお越しを心よりお待ちしております。
IMG_8312-2.jpgIMG_8335-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請