2016年01月04日

和歌山市立有功東小学校

 この日の次世代育成事業には、有功東小学校の6年生の子どもたちと先生方49名が参加してくださいました。同校は、今年度の事業の中で唯一「道普請」(保全活動)に参加くださった小学校です。子どもたちは、授業でも世界遺産についてよく学習しており、事前に行った同校での世界遺産講座では、メモをとりながら熱心に聴いていた姿が印象にのこっています。
 この日の学習内容は、三軒茶屋跡から熊野本宮大社までの古道を世界遺産マスターさんにご案内いただく現地学習と道普請でした。子どもたちは、保全の大切さをしっかりと意識して、楽しみながらも真剣な表情で道普請活動に取り組むことができました。
 この事業が、子どもたちの今後の学習の一助になれば幸いです。
2015.10.22
posted by 和歌山県世界遺産センター at 11:13 | 次世代育成