2015年12月25日

和歌山市立広瀬小学校

 この日の次世代育成事業には、広瀬小学校の5年生の子どもたちと先生方32名が参加してくださいました。
 同校は、世界遺産と紀南地方の生活や文化について学習を深める、宿泊学習の1日を世界遺産の学習にじっくり取り組みました。
 この日の学習内容は、世界遺産講座・那智参詣曼荼羅絵解きと三軒茶屋跡から熊野本宮大社までの古道を世界遺産マスターさんにご案内いただく現地学習でした。子どもたちは、時間的に余裕があったことから、世界遺産また熊野の歴史と文化を満喫できたようでした。私たちとは1日だけのお付き合いでしたが、2日目もきっと楽しい学習ができたことと思います。
 ここでの経験が、子どもたちの今後の学習の一助になれば幸いです。
2015.12.3
posted by 和歌山県世界遺産センター at 13:27 | 次世代育成