2012年03月15日

入門 筑波大附属駒場中学校

筑波大学附属中学校のみなさんが和歌山県が推進する修学旅行の誘致により熊野地方に来られ、グループごとの活動のひとつとして、生徒19名、教諭1名の計20名が世界遺産の学習と参詣道ウォーク、環境保全活動(道普請)を体験されました。本宮に到着後、すぐに本宮行政局で世界遺産入門を受講していただきました。その後、語り部の方と中辺路を歩かれ、途中で道普請を実施していただきました。道普請では、1トンの土を土嚢袋に詰め、それを補修現場まで往復して運ぶ作業や整地作業をとても熱心に取り組んでいただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門