2012年02月24日

次世代 白浜町立椿小学校

学校がある所は南紀白浜の南端にある椿温泉で知られる地域です。学校では地域の自然や行事、伝承を体験することを通して、郷土への思いを豊かに育んでいく取り組みが行われています。地域には世界遺産に登録されている大辺路の富田坂が近くにありことから、地域学習のひとつとして今回は全校児童23名が参加されました。午前中の世界遺産学習では、低学年のみなさんも説明をしっかり聞いて、ワークシートへの書き込みもがんばってくれました。午後からは三軒茶屋跡から現地学習をスタートし、低高2グループに分かれて世界遺産マスターの案内で本宮大社まで歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成