2012年02月03日

次世代 田辺市立田辺第三小学校

田辺第三小学校のある田辺市は天神崎のナショナルトラスト運動で知られた地でもあり、学校の教育活動でも自然保護に関する学習がさかんに行われています。「紀伊山地の霊場と参詣道」の資産の中にも先人達の保護運動によって守られたものがあり、その運動に関わった方々の願いや意義を学習の中で取り上げられています。5年生56名参加のもと、今回は世界遺産学習においてもその点をふまえながら、世界遺産の意義やを学んでいただきました。午後からは世界遺産マスターの方々と参詣道の歴史や自然、文化的景観を実感しながら歩いていただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成