2012年01月20日

次世代 白浜町立安居小学校

大辺路の富田坂、仏坂が近くにある白浜町立安居小学校の1年生から6年生までの全校児童14名が次世代育成事業に参加されました。教科学習の発展として世界遺産の調べ学習や熊野古道を歩く体験活動を行い、地域の文化財や自然のすばらしさを知り、大切にしていく取り組みを行っているそうです。まず世界遺産の意味や種類などを映像とワークシートを使って学習してもらい、午後からは大斎原から本宮大社、祓殿王子跡までの文化財や周辺の自然について職員の説明を聞きながら歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成