2011年12月08日

次世代 那智勝浦町立下里中学校

下里中 (1).JPG那智勝浦町立下里中学校の1年生36名が地域学習をより深め、新しい発見をしたり、ふるさとを愛する心情を育てる機会として参加されました。午前中は世界遺産の成立や意義、「紀伊山地の霊場と参詣道」についての講座を受けていただき、守り継ぐことの大切さを学んでいただきました。 午後からは小雨の中、世界遺産マスターの方と三軒茶屋跡から本宮大社までを歩き、熊野参詣道と文化的景観の特色を学んでいただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成