2011年12月16日

道普請 田辺市立三里中学校・本宮中学校 

PC160004.JPG平成23年12月16日(金)、田辺市立三里中学校・本宮中学校の皆さんが「熊野古道・中辺路(三軒茶屋)」の道普請を行いました。当日は熊野本宮語り部の会の皆さんを含め111名が参加し、田辺市教委・センター職員の指導の下、雨水により傷んだ道に土を運び入れました。三里中学校の皆さんは、世界遺産に登録される前から熊野古道の保全活動を継続されていて、今回は本宮中学校(平成24年度から三里中学校・本宮中学校は統合される予定)と合同で作業を行いました。地域文化を継承する次世代の担い手が道普請を継続して実施して頂くことで、今後も世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の真の価値が受け継がれていくことを嬉しく思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請