2011年05月02日

入門 新宮市立光洋中学校

平成23年5月2日(月)、世界遺産熊野本宮館「多目的ホール」において、新宮市立光洋中学校3年生
を対象に世界遺産入門を行いました。当日は約100名の受講者に対して、世界遺産概論、熊野古道の全体像、熊野参詣の理由など解説しました。熊野古道・中辺路(三軒茶屋〜熊野本宮大社、約2km)をウォーク後受講頂きました。世界遺産を受け継ぐ若い世代の皆さんが熊野古道の魅力を実感し体感することで、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の真の価値を理解して頂ければと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 和歌山 ☀ | 世界遺産入門