2010年10月20日

次世代 広川町立耐久中学校(2010/10/20)

20101019.JPG この日、広川町立耐久中学校は、次世代育成事業への取り組みのためセンターを訪ねました。同校は、総合学習「ふるさと学習」の一環で世界遺産について学んでおり、センターでは講義と現地学習を併せた学習プログラムを受講しました。
 また、雨空を気にしながらの古道ウォークでしたが、生徒たち(1年生、51名)は元気に三軒茶屋〜熊野本宮大社/2.1kmを歩き、文化的景観も体感しました。



posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成