2010年08月25日

入門 須磨学園中学校(2010/8/25)

 須磨学園中学校3年生(88名)は、研修旅行のため8月25日和歌山県世界遺産センターを訪れました。同校は以前から熊野古道を訪れ、研修旅行の一環に世界遺産学習に取り組んでいます。
 ここでの世界遺産学習では、世界遺産について同センターの学習プログラム「世界遺産入門」を活用していただき、世界遺産の概要や「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録の価値等について学んでいただくことにあります。また、実際に古道を歩くことで体験的な学びも取り入れ、毎年有意義な学習活動を展開しています。
 世界遺産センターでは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただきこれからも研修用プログラム『世界遺産入門』の充実を図り実施してまいります。ぜひ、ご活用下さいますようお願いします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門