2009年10月18日

セミナー 第5回(2009/10/18)

20091018.JPG
 世界遺産熊野本宮館多目的ホールにおいて、日本地質学会会員後誠介さんによる世界遺産セミナー「日本の地質百選に選ばれた熊野の地質遺産〜玉置山と古座川弧状岩脈〜」を行いました。
 『地質遺産』とは何か?クイズ形式により理解を深め、玉置山霊域内の玉石社の正体が海底火山で出来た枕状溶岩であること、古座川弧状岩脈や熊野カルデラ火山の活動など多岐にわたって、幅広く説明して頂きました。また、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を「文化・歴史ゾーン」、「自然・地質ゾーン」などに区分することで、より世界遺産を身近なものにしたいと興味深くお話し頂きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー