2008年10月19日

道普請 あいおい損害保険和歌山支店(2008/10/19)

20081019-0.jpg
 昨年に引き続き、あいおい損害保険和歌山支店の皆さんと、今年は和歌山県保険代理業協会、全日本ロータス同友会和歌山県支部、貴志川ユネスコ協会の3団体の協賛で約160名の皆さんによる道普請ウォークを実施しました。親子連れから年配の方まで幅広い層の方に参加頂きました。
 この日は、熊野本宮語り部の会の語り部さんと熊野で健康ラボのスタッフと一緒に熊野本宮大社を目指してのウォークの途中、祓所王子手前で一部歩きづらくなっていた個所に語り部さんと熊野で健康ラボのスタッフも一緒に土入れの作業をしていただきました。
 田辺市及び県世界遺産センター職員の指導のもと、渋土2トンをスコップで土嚢袋に入れ、作業箇所まで運び土入れを行いました。
 あいおい損害保険和歌山支店、和歌山県保険代理業協会、全日本ロータス同友会和歌山県支部、貴志川ユネスコ協会の皆さんのおかげで一部歩きづらくなっていた箇所が歩きやすくなりました。有り難うございました。
皆さんもぜび企業・団体等のCSR活動や研修等の一環として、世界遺産の保全にご参加下さい。
20081019-1.jpg

■作業前のようす
20081019-2.jpg

■土入れ作業後
20081019-3.jpg
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請