2019年11月26日

県立熊野高等学校【次世代】2019/11/26

 県立熊野高等学校2,3年の生徒の皆さんに参加いただきました。
 世界遺産講座は去る11月12日に同校内で既に行ったので、本日は現地学習に絞って実施しました。世界遺産マスターさんの案内により、熊野参詣道中辺路の滝尻王子跡から不寝王子跡を経て高原熊野神社に至るコースを歩いていただきました。
 滝尻王子跡からは山間部に入り、「聖域」と呼ばれる区域になります。いきなり続く急坂は、多くの旅人に苦行への覚悟を迫らせるに十分なものだったに違いありません。それだけに人々は天空に広がる高原の田園風景に心の安らぎを覚えたことでしょう。いつの間にか自然と人間、過去と現在の区別を意識しなくなった自分がいます。その場に入り込み、その人になり切ってこそ歴史が身近なものになるのです。
 本日の体験によって、さらに歴史に興味を持っていただければ幸いです。
IMG_3041-j.JPG
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成