2019年05月15日

富士古河E&C株式会社様【道普請】2019/5/15

IMG_3963-2.jpg
 富士古河E&C株式会社の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝・式水・祓殿)で2日間にわたって道普請を行っていただきました。
 まずは、一日目。午前中に作業を行っていただきました。伏拝口バス停から伏拝王子跡へと歩いて上がり、約2トンの土の補充作業をしました。土を補充した場所は、伏拝王子跡近くの土置き場から30mほど本宮大社方向へ行ったところでした。土嚢袋への土入れ作業や、土の入った土嚢袋を作業箇所まで運ぶ作業、土を補充した所を固める作業など、それぞれ班ごとに分担して行っていただきました。
 2トンの土の補充作業の後は、式水へと場所を移動し、溝の整備作業を行いました。参詣道を雨水から守るための溝に使用している材木が朽ちてきていたため、その交換作業をしていただきました。杭を半分に割る作業や杭を打つ作業等も体験していただきました。おけげで、約20mの区間の溝を整備することができました。ありがとうございました。
 二日目は、次の記事にて。
IMG_2336-2.jpgIMG_2344-2.jpg
IMG_2340-2.jpgIMG_2345-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請