2018年12月07日

田辺市立本宮中学校【道普請】2018/12/07

IMG_1958-2.jpg
 田辺市立本宮中学校全校生徒の皆様方に、道普請を行っていただきました。熊野本宮語り部の会、本宮プロバスクラブの皆様方も応援に来てくださいました。内容は、雨水により土が流れてしまった箇所への土入れ・整地作業でした。
 本宮中学校は、今回で8回目の道普請となりました。統合前の三里中学校が9回行っており、道普請が始まった初期の頃から長きにわたりお取り組みいただいております。
 今回も、これまでの先輩たちと同じ三軒茶屋で行いました。土嚢袋に入った土を作業箇所まで運んでいただきました。土置き場から作業箇所までは約100mほどありました。距離もあり上り坂もありで大変な作業でしたが、さすが中学生。約4トンの土を1時間もかからず運んでくれました。補充した所をたこでドンドンと突いて固めてくれた子もいました。
 自分たちの地域の遺産を自分たちの手で守る。これまで引き継がれてきたすばらしい伝統を、今年の中学生たちも引き継いでくれました。参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。
IMG_1981-2.jpgIMG_1984-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請