2018年07月21日

一般財団法人地域活性化センター(地方創生実践塾)【道普請】2018/7/21

 一般財団法人地域活性化センターが主催する「地方創生実践塾」が行われ、その中のフィールドワークとして道普請を行っていただきました。場所は、熊野参詣道中辺路伏拝王子跡付近で行いました。内容は、参詣道の土が流されてしまった箇所への土の補充及び整地作業でした。
 参加された皆様方には、土置場から土の補充箇所まで何度も往復していただきました。そして、約1トンの土を補充していただきました。土を入れたところは、たこでしっかりと固めていただきました。
 道普請の後は、伏拝から熊野本宮大社、そして大斎原までを語り部さんとともに歩かれました。非常に暑い中での活動でしたが、汗をかきながら、皆様真夏の熊野を満喫いただいたことと思います。
 参加された皆様方、参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

高野参詣道町石道環境保全トレッキング【道普請】2018/7/21

 今回の参詣道環境保全トレッキングは、高野参詣道町石道で行われました。京阪神を中心に130名を越える皆様方にご参加いただきました。
 道普請は、40町石付近で行いました。土置場から、土の入った土嚢袋を持っていただき、作業箇所まで約100m程運んでいただきました。平坦な道なら良かったのですが、土置き場から土の補充箇所までは、ずっと急な上り。一人2往復していただきました。厳しい暑さも伴い、大変な作業でした。しかし、みなさんの力が合わさり、無事2トンの土をすべて補充することができました。あちこちで木の根が露わになっていた所が、もともと土があった高さ付近まで土を補充することができました。
 トレッキングは、矢立〜40町石〜壇上伽藍〜金剛峯寺という約7kmのコースでした。非常に暑い中での活動になりましたが、参加された皆様には、夏の高野を満喫していただけたことと思います。また、自分の手で世界遺産を守るという貴重な経験もしていただくことができました。
 参加された皆様方、参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。



IMG_9767-2.jpg



IMG_9784-2.jpg
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請