2017年12月09日

一般財団法人和歌山県損害保険代理業協会【道普請】2017/12/9

 一般財団法人和歌山県損害保険代理業協会の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝)で道普請を行っていただきました。
 雨水により地面が削られてしまった場所に、4トンの土を補充していただきました。伏拝王子跡近くの土置き場から、土の入った土嚢袋を持ち、作業箇所まで運んでいただきました。作業箇所は、土置場から450mほど三軒茶屋跡方面へ行った所でした。196名の皆様の協力により、無事全ての土を補充することができました。3・4回往復していただいたので、歩いた距離もかなりあったと思います。土が入れられた所は、たこでしっかりと固めていただきました。大変な作業でしたが、おかげで傷んだ箇所がとても歩きやすくなりました。
 参加された皆様方は、道普請の前に伏拝口バス停から伏拝王子跡までを歩かれ、また、道普請後は、伏拝王子跡から熊野本宮大社までを歩かれました。果無山脈方面の山々は雪化粧をしていて、朝はかなり冷えましたが、陽射しが当たるとともに暖かくなり、気持ちの良い道普請ウォークになったのではないでしょうか。
 参加された皆様方、参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。またのお越しを心よりお待ち申しております。
IMG_7299.jpgIMG_7306.jpg
IMG_7294.jpgIMG_7327.jpg
IMG_7290.jpgIMG_7322.jpg
道普請前
道普請後

posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請