2016年07月31日

平成28年度第2回世界遺産セミナー 7月31日(日)

公益財団法人 和歌山県文化財センターの藤井幸司主査を招き「紀伊山地の霊場への参詣道について(なぜ追加登録だったのか)」を演題に、世界遺産熊野本宮館多目的ホールにおいて平成28年度の2回目の世界遺産セミナーを開催し43名の皆様の参加をいただきました。
6月に世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスから追加登録(軽微な変更提案)承認の勧告があったところの実施でした。
 参加者の皆様には、昨年度まで県教育委員会文化遺産課職員として追加登録を担当された藤井講師の関係市町村や関連省庁と連携して実施してきた和歌山県の取組みや追加登録勧告のあった提案資産についての紹介を興味深く聞いていただけたのではないかと思います。
 猛暑の中ご参加いただきありがとうございました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー