2016年07月30日

10万人の参詣道環境保全トレッキング【熊野参詣道中辺路】2016/07/30

 今回の環境保全トレッキングは、年4回実施予定の最初の事業になります。参加者は、大阪、名古屋方面から137名が道普請に取り組みました。場所は、熊野参詣道中辺路沿いに位置する伏拝王子跡で、雨水等により傷んだ古道を力を合わせ作業を行いました。作業に用いた土は1tです。
 この日は、併せて発心門王子から本宮大社までの約7kmをトレッキングし、初夏の熊野を楽しく過ごしていただけたことと思います。次回は、秋の高野参詣道(女人道)での開催となりますので、ご期待ください。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請