2012年12月14日

田辺市立本宮中学校【道普請】(2012/12/14)

 統合後の田辺市立本宮中学校の全校生徒(79名)が熊野参詣道中辺路(本宮三軒茶屋上)で参詣道修復活動(道普請)をされました。三軒茶屋上手の傷んだ熊野参詣道の土入れ作業をしていただきましたが、4トンの土を全員力を合わせて運び、40分ほどで作業を終えました。本宮中学校の皆さんの団結力と道普請へ前向きに取り組む姿勢に感動いたしました。皆さんの先輩や皆さんの活動が世界遺産の熊野参詣道の保全につながります。参加していただきましてありがとうございました。深く感謝申し上げます。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 15:19 | 道普請

御坊市立藤田小学校様【次世代育成事業】(2012/11/29)

平成24年11月29日(木)
 御坊市立藤田小学校6年生の皆さん38名が、次世代育成事業に参加されました。藤田小学校の近くには熊野古道が通り、安珍・清姫の物語で有名な道成寺もあります。それについて学習するとともに実際に熊野古道を歩き、世界遺産について学ぶことをねらいとしてされました。児童たちは学校の近くの熊野古道とは違う山中の古道の雰囲気を味わいながら楽しく歩き、学習していただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:28 | 次世代育成

九度山町立九度山小学校・古澤小学校様【次世代育成事業】(2012/11/22)

 九度山町立九度山小学校と古澤小学校6年のみなさん27名が次世代育成事業に参加されました。慈尊院などを見学したのちに町石道を歩く予定でしたが、当日は降雨のため町石道を歩くのを断念しました。歩くことを楽しみにしていただいていたのでとても残念でした。慈尊院周辺を見学したのち、丹生都比売神社、高野山霊宝館を見学し、世界遺産入門講座を行いました。午後からは、一の橋から御廟までを世界遺産マスターの方々にご案内いただきながら歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:24 | 次世代育成

橋本高等学校・笠田高等学校・串本古座高等学校・古佐田丘中学校様【次世代育成事業】(2012/11/11)

 県立橋本高等学校、笠田高等学校、串本古座高等学校、古佐田丘中学校のみなさんが次世代育成事業として高野山大学を会場に開催された世界遺産条約採択40周年記念国際シンポジウムへ参加していただきました。「すばらしい世界遺産を次世代へ」というテーマで開催されるシンポジウムだったので若い世代の皆さんに参加していただいたことは大変有意義だったと思います。また、例えばユネスコスクール参加校としてなど各学校はそれぞれの研究・研修テーマに沿った課題をもって講演やパネルディスカッションを聴講していただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:19 | 次世代育成

串本町立橋杭小学校様【次世代育成事業】(2012/11/8)

平成24年11月8日(木)
 串本町立橋杭小学校6年生のみなさん12名が次世代育成事業に参加されました。橋杭小学校は、熊野灘に面し校名の通り橋杭岩の近くにある学校です。学校がある環境上、海に関した学習の経験や体験は豊富ですが、熊野古道やそれにまつわる事に関してはほとんど知らないことが多かったので、今回の学習を通して熊野の歴史や文化、世界遺産を身近に感じてもらいたいというねらいで参加されました。世界遺産入門講座の後、大門坂から熊野那智大社、そして那智大滝までを世界遺産マスターの方にご案内いただきながら歩きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 09:14 | 次世代育成