2012年03月15日

道普請 筑波大学付属駒場中学校

平成24年3月15日(木)、筑波大学付属駒場中学校(東京都)の皆さんが「熊野古道・中辺路(発心門王子〜熊野本宮大社)」の道普請を行いました。当日は20名が参加し、事前に「道普請の意義」を受講後、田辺市教委・センター職員の指導の下、雨水により傷んだ道に土を運び入れました。修学旅行(研修旅行)プログラムの一つに道普請を選択頂き、終始皆さんは笑顔にあふれた一日でしたが、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を観光者としてただ歩くのではなく、保全の大切さを認識して頂いたことと思います。道普請は、単に古道の修復活動を意味するだけではなく、背景にある歴史・文化そして地域の伝統を守ることに繋がります。継続の大切さをご理解頂き、歴史・文化・伝統をともに育む活動に今後ともご協力頂ければ幸いです。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

入門 筑波大附属駒場中学校

筑波大学附属中学校のみなさんが和歌山県が推進する修学旅行の誘致により熊野地方に来られ、グループごとの活動のひとつとして、生徒19名、教諭1名の計20名が世界遺産の学習と参詣道ウォーク、環境保全活動(道普請)を体験されました。本宮に到着後、すぐに本宮行政局で世界遺産入門を受講していただきました。その後、語り部の方と中辺路を歩かれ、途中で道普請を実施していただきました。道普請では、1トンの土を土嚢袋に詰め、それを補修現場まで往復して運ぶ作業や整地作業をとても熱心に取り組んでいただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門