2011年11月13日

セミナー 平成23年度第3回 「世界遺産が抱える諸問題〜世界遺産の地が担うもの〜」

 平成23年11月13日(日)、高野町立高野山会館において、島根県大田市教育委員会石見銀山課 石見銀山世界遺産センター遺跡調査係長 中田健一さんをお招きして、第3回世界遺産セミナー「世界遺産が抱える諸問題〜世界遺産の地が担うもの〜」を行いました。文化的景観、石見銀山の概要、保全について多岐にわたりお話し頂きました。特に世界遺産の保全に関して、石見銀山の状況をご紹介頂き、地域住民の方々との協働が今後ますます重要になってくると言及され、講話後の質疑応答が闊達に行われました。今年度も、世界遺産の次世代への継承、登録資産の良好な保存及び本質的価値を熟知した適切な活用へと発展できるよう、セミナーを開催してまいりました。ご参加頂いた皆さまに感謝申し上げると同時に、次年度の世界遺産セミナーも引き続きよろしくお願い致します。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー

道普請 田辺市主催「第1回蘇れ!熊野 熊野古道道普請ウォーク」

P1000689.JPG平成23年11月13日(日)、田辺市主催「第1回蘇れ!熊野 熊野古道道普請ウォーク」参加者の皆さんが「熊野古道・中辺路(式水)」の道普請を行いました。当日は29名が参加し、現地にて「道普請の意義」を受講後、田辺市教委・センター職員の指導の下、雨水により傷んだ道に土を運び入れました。関東圏をはじめ、たくさんの方々にご協力頂いた道普請となりました。和歌山県内の台風被害を目の当たりにして心を痛めてくださいましたが、地域住民の笑顔と接し、一生懸命復旧・復興に努力している様子をご覧になって、お帰りの際は「安心しました。また和歌山に来ます! 」とお話しされていました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請