2011年11月02日

次世代 田辺市立上秋津中学校

P1000639.JPG田辺市立上秋津中学校は、世界遺産の学びを通し、ふるさとに誇りがもてる生徒を育成するために次世代育成事業に参加されました。参加されたのは2年生43名です。まず丹生都比売神社を見学していただき、高野山との関わりや社殿について学びました。それから世界遺産に関する講義の後、大門付近の町石道で清掃活動を行いました。ガラスや陶器の破片などをたくさん拾ってくださいました。その後、壇上伽藍から弘法大師御廟までの現地学習を行い、世界遺産マスターの案内で高野山の歴史や世界遺産としての価値を学びました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成