2011年11月01日

次世代 橋本市立西部小学校 

P1000609.JPG世界遺産の学習を行っている橋本市立西部小学校6年生51名のみなさんが、身近にある世界遺産を体験を交えて学ぶ機会として参加されました。午前中に世界遺産を学ぶ講座を受け、午後からは現地学習を行いました。現地学習では、まず伽藍中門再建工事作業館を見学し、その後伽藍地区から奥院地区の弘法大師御廟までを歩きました。そこで高野山の世界遺産としての価値や荘厳な霊地としての文化的景観に直接触れていただくことができました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成