2011年10月29日

道普請 和歌山県主催「熊野古道中辺路・赤城越え環境保全ウォーク」

DSC_0082.jpg平成23年10月29日(土)、和歌山県主催「熊野古道中辺路・赤城越え環境保全ウォーク」へ参加された皆さんが「熊野古道・中辺路(赤城越え)」の道普請を行いました。当日は240名が参加し、田辺市教委・センター職員の指導の下、雨水により傷んだ道に土を運び入れました。参加者の皆さんは、道普請とともに光と影のコントラストが美しい中辺路・赤木越えを楽しまれていました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2011年10月27日

次世代 高野町立高野山中学校 

P1000557.JPG台風12号の影響で9月から10月上旬に実施予定のところが延期や中止になり、今回が今年度最初の実施となりました。高野山中学校は昨年度の本宮地域での実施に続き、今回は郷土学習の一環として1年生16名が参加されました。午前中に現地学習として丹生都比売神社から慈尊院までの町石道を歩きながら町石道や寺社の歴史、由来などを世界遺産マスターの方ににガイドをしていただき学習しました。午後からは世界遺産についての講義を受けていただきました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2011年10月24日

入門 白浜町立日置小学校 

白浜町立日置小学校5・6年生のみなさん(35名)が世界遺産入門を受講されました。こちらかの問いかけにも積極的に答えてくれたり、しっかりメモをとりながら聴いていただきました。5・6年生は総合的な学習の時間において単元「熊野古道ウォーク」を設定し、国内の世界遺産を調べる学習と実際に古道を歩く体験活動に取り組んでおられます。これは、次世代を担う子どもたちに郷土を愛する心、環境を守る心を育むことをねらいとして行われています。当講座を受講した翌日に大辺路「長井坂」を歩く予定です。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

講話 白浜町立日置小学校

平成23年10月24日(月)、白浜町立日置小学校にてセンター職員による「世界遺産講話」が開催されました。当日は@世界遺産概論、A「紀伊山地の霊場と参詣道」の特徴、B熊野古道の歴史など幅広くお話ししました。人類共通の宝物として、地域の宝物として、住民が誇りをもって世界遺産の保全と活用に取り組むことができるよう、これからも世界遺産学習を継続されることを願います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産講話(講師派遣)

2011年10月15日

道普請 労働者福祉協議会(橋本・伊都地域) 

P1010252.JPG平成23年10月15日(土)、労働者福祉協議会(橋本・伊都地域)の皆さんが、「高野山町石道(矢立60町石〜40町石間)」の道普請を行いました。当日は36名が参加し、センター職員の指導の下、風雨で道に落ちている枯れ枝拾いなどの清掃活動を行いました。残念ながら前日から続く雨により、土入れは中止となりましたが、台風12号・15号による町石道の傷み状況を確認しながら、清掃して頂きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2011年10月09日

道普請 アミノバリュー・ランニングチーム、熊野本宮語り部の会、NPO法人熊野で健康ラボ

作業の様子 (6).JPG平成23年10月9日(日)、アミノバリュー・ランニングチーム、熊野本宮語り部の会、NPO法人熊野で健康ラボの皆さんが「熊野古道・中辺路(式水)」の道普請を行いました。台風による水害から1ヶ月が経過し、各地に爪痕が遺るなか、当日は54名もの方々が参加し、田辺市教委・センター職員の指導の下、傷んだ道に土を運び入れました。道普請に関して、復旧・復興への第一歩が始まった記念すべき日となりました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請