2011年08月25日

入門 関西テレビ青少年育成事業団(中学・高校生)

関西テレビ (2).JPG関西テレビ青少年育成事業団が「中高生チャレンジキャンプ」として募集し、応募された京阪神方面の中・高生のみなさん(20名)が世界遺産入門を受講されました。本来なら、当日はカヌー体験をする予定でしたが、大雨警報発令のため急遽センターをご利用されることになりました。楽しみにしていたカヌー体験ができなくなって残念そうな表情のみなさんでしたが、豊かな自然と共に守られてきた世界遺産の意義をしっかり理解していただきました。また、降水量の多い熊野地方だから参詣道の保全活動が大切であることもよくわかっていただいたと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2011年08月24日

入門 須磨学園中学校 

須磨 (3).JPG須磨学園中学校(学校法人須磨学園)3年生85名のみなさんが「高野山・熊野サマーキャンプ」を実施され、高野山奥院側の町石道を歩かれた後、当センターを訪問されました。同校は、これまでにも数年にわたり熊野を訪れ、世界遺産の学習や体験活動を実施されています。今回も「世界遺産入門」を受講され、、世界遺産の意義や「紀伊山地の霊場と参詣道」について熱心に学んでいただきました。また、翌日には雨の中、中辺路を歩かれました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2011年08月15日

自由研究 岐阜県・中学生

平成23年8月15日(月)、岐阜県から和歌山県世界遺産センターを来訪されたご家族を迎え、世界遺産に関する「自由研究」を行いました。中学生の方を対象に、@世界遺産概論、A「紀伊山地の霊場と参詣道」の特徴、B施設見学、C質問回答など幅広く学んで頂きました。当日の早朝、岐阜県を出発されたと伺いましたが、すばらしい集中力で熱心に取り組まれていました。今日の学習が明日の未来へと繋がることを期待しています。
【追記】
受講された中学生の方から、後日お便りを頂きました。自由研究の成果として「世界遺産・熊野古道と熊野三山を訪ねて」を発表され、在籍される中学校において表彰されたとのことでした。Aさん、おめでとうございました。またご家族の皆さまも、遠いところ和歌山までお越し頂き、ありがとうございました(Aさんと一緒に学習された弟君もお疲れさまでした)。またお会いできることを楽しみにしています。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 自由研究(小中高生)

2011年08月09日

道普請 JTB西日本(新入社員研修)

P1000428.JPG平成23年8月9日(火)、JTB西日本(新入社員研修)の皆さんが「熊野古道・中辺路(三軒茶屋〜熊野本宮大社)」の道普請を行いました。当日は31名が参加し、作業前に世界遺産センターにて「道普請の意義」を受講後、田辺市教委・センター職員の指導の下、雨水により傷んだ道に土を運び入れました。大学を卒業されて間もないということもあり、とても若々しく和気あいあいのなか、道普請を体験されていました。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を観光者としてただ歩くのではなく、保全の大切さを認識して頂いたことと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2011年08月07日

入門 田辺市立龍神中学校 

P1000405.JPG龍神中学校1年生のみなさん(30名)が紀南地方の文化や自然を学習する紀南宿泊体験活動の一環として「世界遺産入門」等を受講されました。午前中は、道普請と中辺路ウォークを、午後には、本宮大社で神職の方からのお話と世界遺産入門を通して「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産であることの価値や保全について熱心に学習していただきました。 
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

道普請 田辺市立龍神中学校 

DSCN3117.JPG平成23年8月7日(日)、田辺市立龍神中学校の皆さんが「熊野古道・中辺路(式水)」の道普請を行いました。当日は29名が参加し、作業前に世界遺産センターにて「道普請の意義」を受講後、田辺市教委・センター職員の指導の下、雨水により傷んだ道に土を運び入れました。この道普請体験から、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を身近に感じ、地域の宝物として誇りをもって頂ければと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請