2010年11月24日

次世代 県立串本古座高等学校(2010/11/24)

20101124.JPG この日は、和歌山県立串本古座高等学校1、2年生34名の生徒の皆さんが、引率の3名の先生方と次世代育成事業に取り組みました。事前に世界遺産入門を受講している同校は、今年度からスタートさせて大辺路の古道修復活動(道普請)に取り組みました。参加者は、自らこの活動を希望した生徒たちで、その行動には自信とやる気が満ちあふれていました。私たちも、これからの同校の活動をしっかり見守ってまいりたいと思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2010年11月22日

次世代 田辺市立田辺第二小学校(2010/11/22)

20101122.JPG この日、田辺市立田辺第二小学校3年生90名は、世界遺産センターを訪ね世界遺産学習に取り組みました。同校は、今年度の次世代育成事業(県世界遺産協議会事業)実践校で、学習は世界遺産入門プログラムに沿って行いました。(現地ウォークは、雨天のため木工体験活動に変更されました。)館内展示見学では、子どもたちの素直な驚き、感嘆の声がもれるなど、雨にも関わらず充実した学習会になったことを嬉しく思います。









posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2010年11月21日

セミナー 平成22年度第3回 「世界遺産再考」

 平成22年11月21日(日)世界遺産熊野本宮館「多目的ホール」において、京都橘大学教授 増淵徹さんをお招きして、第3回世界遺産セミナー「世界遺産再考」を行いました。世界遺産登録に関する新しい動向として、「グローバル・ストラテジー(分野・地域の不均衡是正、審査の厳格化)」の概念を説明された後、遺産の「管理」・「保全」をめぐる諸問題について、その厳しい状況をお話しされました。また、「紀伊山地の霊場と参詣道」の歴史的特質および神聖性についても言及され、物的な遺産はいずれ消滅するおそれがあるため、世界遺産の本当の価値は、人間の日々の生活から認識されること、将来に向けてどのような価値を積み上げていくかが大切であり、地域の方々は自信をもって 活動してほしいと結ばれました。  
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー

2010年11月18日

次世代 県立桐蔭中学校(2010/11/18)

20101118.JPG この日、次世代育成事業実践校の和歌山県立桐蔭中学校は、学習フィールドである高野山を訪ねました。ここでは、現地ウォークと世界遺産入門(講義)を組合せた学習プログラムを実施することで、世界遺産についての本質的な価値について理解を深めました。
 現地ウォークは、40町石から奥の院までをグループ活動を交え、また世界遺産マスターのご支援もいただきながら行いました。同校の学習に対する姿勢は、既に熊野本宮地域での学習を経験していることからも、世界遺産に対する意識の高まりがうかがわれました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2010年11月16日

次世代 県立新翔高等学校(2010/11/16)

20101116.JPG この日、和歌山県立新翔高等学校2、3年生39名は、世界遺産センターを訪れ世界遺産学習に取り組みました。同校は、今年度の次世代育成事業(県世界遺産協議会事業)実践校で、学習は世界遺産入門プログラムに沿って行いました。主な内容は、世界遺産の保全と活用についての講話ならびに、現地ウォークと保全活動(道普請)です。伏拝王子から本宮大社、大斎原までを歩き、途中伏拝王子で雨水等で削られた古道に土入れを行う道普請に汗を流しました。終了後は、皆一様に、充実感に満ちた表情を浮かべて、同センターを後にされたことが印象に残っています。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2010年11月14日

次世代 九度山町立九度山小学校・田辺市立三里小学校(2010/11/4)

20101104.JPG 今回の次世代育成事業は、九度山町立九度山小学校(6年生、29名)と田辺市立三里小学校(5/6年生、15名)の両校による交流学習の形態で行いました。両校は、熊野古道、町石道といった校区の世界遺産を活用して学習に取り組んでいます。当日は、現地学習(町石道、奥の院)と世界遺産講義を組み合わせた学習プログラムで行う予定でしたが、熊出没情報が出たため町石道の行程を修正しました。現地学習の案内は、世界遺産マスターの皆様に支援いただき、慈尊院・丹生官省符神社・勝利寺、奥の院と霊宝館で行いました。移動の車中からは賑やかな子どもたちの声がこぼれ、楽しい交流が行われていたようです。
 両校は、この事業を機にその後も世界遺産学習の成果物の交換を行うなど、交流を深められました。本事業が、両校の学習の一助になれたことを本当に嬉しく思います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2010年11月12日

次世代 県立みくまの支援学校(2010/11/12)

 和歌山県立みくまの支援学校(中学部3年生、14名)は、地域学習「熊野古道について知ろう」に取り組む中で、世界遺産についても学んでいます。世界遺産センターでは、参加いただいた生徒の皆様が学習しやすいよう2つの学習コースを設けました。どちらの学習コースも、世界遺産を歩きながら自然や文化に触れることを目的にしています。本事業が、事前に行った世界遺産についての講義と併せて、同校の学習の一助になれたことを本当に嬉しく思います。


posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成

2010年11月10日

入門 田辺市立田辺第二小学校(2010/11/10)

 今回は、田辺市立田辺第二小学校を訪ね、3年生90名を対象に世界遺産入門を行いました。同校は、今年度の次世代育成事業実施校であり、学習への子どもたちの関心も高く、熱心に入門を受けてくれました。ここでは、事前学習の一環で世界遺産について概要ならびに、「紀伊山地の霊場と参詣道」の特徴を説明しました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2010年11月05日

入門 田辺市立上秋津中学校(2010/11/5)

 この日、田辺市立上秋津中学校1年生46名は、世界遺産センターを訪ね、世界遺産学習に取り組みました。学習は、世界遺産登録の仕組みや各国の世界遺産についての講話(世界遺産入門)、古道ウォークと環境保全活動(道普請ウォーク)です。環境保全活動では、田辺市教育委員会の協力の下、土入れ作業に励みました。生徒たちは、気持ちのよい汗をかき、清々しい秋の一日を過ごすことができました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2010年11月02日

次世代 高野町立富貴小中学校(2010/11/2)

20101102.JPG 高野町立富貴小中学校全校児童/生徒13名の皆さんが、次世代育成事業に参加のため世界遺産センターを訪れました。同校は、地域の産業や歴史等につい学ぶことに力を入れられており、その一環として世界遺産学習も位置付けられています。
 この日のセンターでの学習は、職員の案内で館内展示物を見学したり、世界遺産入門を通して世界遺産について学ぶことでした。また、午後からは、熊野古道(三軒茶屋〜熊野本宮大社2.1km)も歩き文化的景観などを体感することで、講義と相まって子どもたちの学習への関心が高まったようでした。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成