2010年08月29日

セミナー 平成22年度第2回 「世界遺産と保全−世界遺産条約40周年に向けて考えるべきこと」

 平成22年8月29日(日)、世界遺産熊野本宮館「多目的ホール」において、筑波大学大学院教授 稲葉信子さんをお招きして、第2回世界遺産セミナー「世界遺産と保全−世界遺産条約40周年に向けて考えるべきこと」を行いました。7月25日から8月3日にかけて、ブラジルで開催された第34回世界遺産委員会へ出席された経験から、現在の世界遺産の抱える諸問題について具体的にまた分かりやすくお話し頂きました。
 昨年度まで、登録資産の本質的価値の普及・啓発を主目的に、熊野地域を中心とした自然・歴史・文化を基軸とし世界遺産セミナーを開催してきましたが、今年度は「再考」・「温故知新」を意味する造語「彩興」を標語に掲げ、次世代への継承、登録資産の良好な保存及び本質的価値を熟知した適切な活用へと発展できるよう開催します。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー