2010年08月04日

自由研究 田辺市立三里小学校(2010/8/4)

 田辺市立三里小学校5年生は、県世界遺産センターの夏休み特別企画「世界遺産で自由研究に挑戦!」に参加し、現地学習(伏拝王子〜三軒茶屋跡)を通じて熊野古道について学びました。
 同校は、総合的な学習の時間で、古道学習に取り組んでおり、その特徴は語り部ジュニア活動にあります。この日は、学習の一環として職員と古道を歩きながら、説明を聞きました。児童からは、古道の歴史・文化的な内容だけでなく、世界遺産としての価値などについても質問が出されました。とても熱心に学習に取り組んでいました。
 世界遺産センターは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただき、これからも研修用プログラム「世界遺産入門」の充実をめざしてまいります。ぜひ、ご活用下さいますようお願いします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 自由研究(小中高生)