2010年08月29日

セミナー 平成22年度第2回 「世界遺産と保全−世界遺産条約40周年に向けて考えるべきこと」

 平成22年8月29日(日)、世界遺産熊野本宮館「多目的ホール」において、筑波大学大学院教授 稲葉信子さんをお招きして、第2回世界遺産セミナー「世界遺産と保全−世界遺産条約40周年に向けて考えるべきこと」を行いました。7月25日から8月3日にかけて、ブラジルで開催された第34回世界遺産委員会へ出席された経験から、現在の世界遺産の抱える諸問題について具体的にまた分かりやすくお話し頂きました。
 昨年度まで、登録資産の本質的価値の普及・啓発を主目的に、熊野地域を中心とした自然・歴史・文化を基軸とし世界遺産セミナーを開催してきましたが、今年度は「再考」・「温故知新」を意味する造語「彩興」を標語に掲げ、次世代への継承、登録資産の良好な保存及び本質的価値を熟知した適切な活用へと発展できるよう開催します。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー

2010年08月25日

入門 須磨学園中学校(2010/8/25)

 須磨学園中学校3年生(88名)は、研修旅行のため8月25日和歌山県世界遺産センターを訪れました。同校は以前から熊野古道を訪れ、研修旅行の一環に世界遺産学習に取り組んでいます。
 ここでの世界遺産学習では、世界遺産について同センターの学習プログラム「世界遺産入門」を活用していただき、世界遺産の概要や「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録の価値等について学んでいただくことにあります。また、実際に古道を歩くことで体験的な学びも取り入れ、毎年有意義な学習活動を展開しています。
 世界遺産センターでは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただきこれからも研修用プログラム『世界遺産入門』の充実を図り実施してまいります。ぜひ、ご活用下さいますようお願いします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

入門 田辺市立龍神中学校(2010/8/25)

 田辺市立龍神中学校では、8月25日「紀南宿泊体験」の一環として県世界遺産センターを訪れ、世界遺産学習に取り組みました。
 この日参加した生徒は、1年生43名で当センターの学習プログラム「世界遺産入門」と古道の修復作業「道普請ウォーク」に取り組みました。「世界遺産入門」では、世界遺産の概要について学び、館内展示見学を通して熊野地域の歴史・文化について学びました。併せて実施した「道普請」では、田辺市教育委員会、センター職員の指導を受けて、修復作業に汗を流しました。
 世界遺産センターは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただき、これからも研修用プログラム「世界遺産入門」の充実をめざしてまいります。ぜひ、ご活用下さいますようお願いします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2010年08月23日

自由研究(2010/8/23)

 23日(月)、県世界遺産センターは、東京都在住で小学校6年生に在籍する児童を迎え、夏休み特別企画「世界遺産で自由研究に挑戦!」を実施しました。児童は、保護者と共に参加し、以下の内容に取り組みました。
(学習内容)
・世界遺産の概要
・「紀伊山地の霊場と参詣道」の特徴(DVD「紀伊山地の霊場と参詣道」)
・施設見学(世界遺産、熊野地方の歴史/文化など)
・資産図表作り[作業活動]
 児童は、職員の説明に熱心に耳を傾けるとともに、作業活動(「資産図表づくり」)にも積極的に取り組みました。これらの学習が、自由研究の一助となることを願います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 自由研究(小中高生)

2010年08月21日

自由研究(2010/8/21)

 21日(日)、県世界遺産センターは、東京都在住で小学校5年生に在籍する児童2名を迎え、夏休み特別企画「世界遺産で自由研究に挑戦!」を実施しました。児童は、ホームページでこの企画を知り、保護者と共に申し込んでくれました。学習内容は、以下の通りです。
(学習内容)
・世界遺産の概要
・「紀伊山地の霊場と参詣道」の特徴(DVD「紀伊山地の霊場と参詣道」)
・施設見学(世界遺産、熊野地方の歴史/文化など)
・資産図表作り[作業活動]
 質疑応答では、霊場や参詣道についてを中心に多く時間をさきました。これらの学習が世界遺産について興味を持っていただけるきっかけとなること、また自由研究の一助となることを願います。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 自由研究(小中高生)

2010年08月10日

自由研究in高野(2010/8/10)

 高野町中央公民館では、社会教育の一環として小学生を対象に、世界遺産学習に取り組んでいます。この日は、県世界遺産センターの夏休み特別企画「世界遺産で自由研究に挑戦!」に、同館主催「サンわく学」の小学生14名が参加しました。
 児童は、世界遺産入門学習プログラムを通して、世界遺産の概要ならびに「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録の経緯と資産について、併せて現地学習で熊野古道の特徴について、高野山町石道との比較から多くのことを学びました。とても熱心に学習に取り組んでいました。
 世界遺産センターは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただき、これからも研修用プログラム「世界遺産入門」の充実をめざしてまいります。ぜひ、ご活用下さいますようお願いします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 自由研究(小中高生)

2010年08月04日

自由研究 田辺市立三里小学校(2010/8/4)

 田辺市立三里小学校5年生は、県世界遺産センターの夏休み特別企画「世界遺産で自由研究に挑戦!」に参加し、現地学習(伏拝王子〜三軒茶屋跡)を通じて熊野古道について学びました。
 同校は、総合的な学習の時間で、古道学習に取り組んでおり、その特徴は語り部ジュニア活動にあります。この日は、学習の一環として職員と古道を歩きながら、説明を聞きました。児童からは、古道の歴史・文化的な内容だけでなく、世界遺産としての価値などについても質問が出されました。とても熱心に学習に取り組んでいました。
 世界遺産センターは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただき、これからも研修用プログラム「世界遺産入門」の充実をめざしてまいります。ぜひ、ご活用下さいますようお願いします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 自由研究(小中高生)