2009年12月19日

次世代 和歌山大学教育学部付属中学校(2009/12/19)

20091219.JPG 和歌山県世界遺産センターでは、12月19日、和歌山大学教育学部附属中学校の生徒(17名)を対象に、「次世代育成事業」(和歌山県世界遺産協議会事業)を実施しました。
 当日は、現地学習「学びウォーク」を熊野古道(三軒茶屋〜熊野本宮大社・旧社地大斎原 約2.1q)をフィールドに行いました。残念ながら古道は、前日からの降雨のためウォークにはよいコンディションではありませんでしたが、生徒たちはセンター職員の説明を熱心に聞き、環境保全活動にも元気に取り組みました。
 また、世界遺産入門では、センター職員が世界遺産の概要ついて講義を行うとともに、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」についての歴史的背景等について、視聴覚教材を活用した学習指導を行いました。
 生徒たちはこの体験を通して、千年もの間信仰の対象で在り続けている霊場と参詣道について、また今も日本人の精神文化の基盤であることを理解することができたと思います。
 世界遺産センターでは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただきこれからも研修用プログラム「世界遺産入門」の充実を図り、実施してまいります。ぜひご活用下さいますようお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 次世代育成