2009年09月28日

入門 新宮市立城南中学校(2009/9/28)

20090928.JPG 新宮市立城南中学校2年生(82名)は、世界遺産センターの研修用プログラム「世界遺産入門」に参加しました。
 入門では、同校が取り組む総合的な学習の時間「世界遺産」に関連させた世界遺産概論をセンター職員が担当いたしました。同校では、学習単元「郷土学習」の一環として、例年2年生が世界遺産教育に取り組んでいます。
 生徒たちは、センター職員の話を一生懸命に聴き、それぞれの学習課題に生かそうとする真摯な態度が窺えました。特に、世界遺産「紀伊山地と霊場と参詣道」の資産を紹介する視聴覚教材には、地元の資産と比較しその特徴を理解しようとする積極的な学習姿勢が印象的でした。
 「世界遺産入門」での学習が、今後の教育活動にお役に立てば幸いに思います。
 世界遺産センターでは、皆様方のご意見、ご希望をお聴かせいただきこれからも研修用プログラム「世界遺産入門」の充実を図り、実施してまいります。
 ぜひご活用下さいますようお願いいたします。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門