2009年06月21日

セミナー 第3回(2009/6/21)

2009621.JPG 世界遺産センター交流空間において、新宮市立図書館 司書 山ア 泰さんによる世界遺産セミナー「明治・大正期の熊野〜産業と交通の視点から〜」を行いました。
 近代熊野地方の産業や交通は熊野川を中心に発展してきたことを、木材・水力発電・プロペラ船を例にあげ、熊野の経済発展と文化振興との関連などわかりやすく説明して頂きました。
 また、鳥居丈之助氏をはじめ、熊野に根ざす人物が日本各地で活躍していることを興味深くお話し頂きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー

2009年06月11日

入門 田辺市立三里中学校(2009/6/11)

2009611.JPG 田辺市立三里中学校2年生(13名)、3年生(6名)が、世界遺産センターの研修用プログラム「世界遺産入門」に取り組みました。
 内容は、同校が総合的な学習の時間『ふるさと学習』で取り組んでいる「熊野古道」に於いて、センター職員が世界遺産の概要と紀伊山地の霊場と参詣道の歴史と文化などについて講義を行いました。また、登録資産図作りや学習ガイドに取り組み、世界遺産の基礎知識の習得に努めました。
 世界遺産センターでは、これからも研修用のプログラム「世界遺産入門」を実施していますので、皆さんもぜひご活用下さい。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2009年06月03日

道普請 南山大学付属小学校(2009/6/3)

20090603.JPG 南山大学付属小学校4年生のみなさんが、環境学習として熊野古道で道普請ウォークを行いました。
 前日に事前学習として世界遺産センターセンター長と熊野本宮語り部の会会長から世界遺産と熊野古道についてのお話をききました。
 当日は、午前中に田辺市立三里小学校の6年生と熊野古道学習交流会を行いました。その後、三里小学校の6年生が語り部となり式水茶屋から伏拝王子まで歩きました。
 昼食後、三軒茶屋跡まで歩き、田辺市教育委員会職員とセンター職員の現地指導のもと、熊野本宮語り部の会のみなさんにもお手伝いいただき、田辺市立三里中学校の1・2年生のみなさんと一緒に周辺の熊野古道で横断溝の清掃と土入れをおこないました。熊野本宮語り部の会のみなさんにもお手伝いいただきました。
 児童、生徒の皆さんが力を合わせてテキパキと作業していただきました。荒れていた箇所もずいぶんと歩きやすくなりました。ありがとございました。

>地元新聞記事はこちら(PDFファイル)

 皆さんもぜひ団体・企業等の研修やCSR活動等の一環として、世界遺産の保全にご参加ください。 

posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請