2009年05月21日

入門 田辺市東部民生児童委員協議会研修会(2009/5/21)

20090521.JPG 田辺市東部民生児童委員協議会のみなさんが、研修として世界遺産センターに来館されました。
 最初にセンター職員より世界遺産センターの概要について説明を行い、「紀伊山地の霊場と参詣道」のビデオを見て頂きました。その後センター職員により展示スペースにて「紀伊山地の霊場と参詣道」の説明と熊野本宮参詣曼陀羅の絵解きを行いました。
 世界遺産センターでは、研修用のプログラム「世界遺産入門」を実施していますのでぜひご利用ください。








posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産入門

2009年05月17日

セミナー 第2回(2009/5/17)

2009519-1.JPG 世界遺産センター交流空間において、太地町立くじらの博物館学芸員櫻井敬人さんによる世界遺産セミナー「熊野太地浦の古式捕鯨と世界の捕鯨博物館」を行いました。
 日本、アメリカ、ノルウェーにおける「捕鯨の歴史」・「博物館事情」を比較しながら、その目的・利用方法が異なる点など、文化の多様性を理解することの重要性をわかりやすく説明していただきました。
 また、古式捕鯨発祥の地である熊野太地において、地域住民の生活文化が鯨漁と密接に関係していたこと、それは現在の太地町住民の人名からも窺えることなど興味深くお話頂きました。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 世界遺産セミナー

2009年05月15日

道普請 神戸夙川学院大学・新翔高校(2009/5/15)

20090515-1.JPG

20090515-2.JPG 神戸夙川学院大学と和歌山県立新翔高等学校が、学校行事としてまた高校大学連携事業の一環として道普請をおこないました。
 生徒・学生約60名が参加し三軒茶屋跡から本宮大社の間で道の傷んでいるところを土入れ等の修復作業を行い、田辺市教育委員会や世界遺産センター職員も現地指導を行いました。
 みなさんのおかげで、雨水などで荒れていた箇所もずいぶんと歩きやすくなりました。ありがとうございました。
 皆さんもぜひ研修や企業・団体等のCSR活動の一環として世界遺産の保全にご参加ください。
■作業前
20090515-3.JPG

■作業後
20090515-4.JPG
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請