2019年09月16日

株式会社阪急交通社【道普請】2019/09/16

IMG_6119-2.jpgIMG_6124-2.jpg
 株式会社阪急交通社の皆様方に、高野参詣道女人道(助けの地蔵付近)にて道普請を行っていただきました。
 雨水により土が削られ傷んでいるところに、約1トンの土を補充していただきました。ご参加いただいた46名の皆様方には、まず道普請についての説明を聞いていただきました。そして、作業を開始しました。土嚢袋に入った土を皆様で運んでいただきました。土置き場から土の補充箇所までは、約150mありました。約1tの土も、皆様の力であっという間に補充されていきました。
 道普請終了後に、大門のところに移動し、記念撮影を行いました。また、阪急交通社の皆様は今回で5回目の道普請ウォークへのご参加ということで、感謝状を贈呈させていただきました。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動に継続してお取り組みいただき、誠にありがとうございます。今後とも保全活動へのご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
IMG_6130-2.jpg

IMG_2644-2.jpgIMG_2652-2.jpg
IMG_2647-2.jpgIMG_2655-3.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年09月15日

県立海南高等学校大成校舎【道普請】2019/09/15

IMG_9999-2.jpg
 県立海南高等学校大成校舎の生徒の皆様に、高野参詣道町石道(40町石付近)にて道普請を行っていただきました。
 今回の道普請は、次世代育成事業の一環として行いました。午前中は、高野町中央公民館にて世界遺産講座を受け、昼食後、壇上伽藍・金剛峯寺にて県世界遺産マスターの方々とともに現地学習を行い、その後道普請を行っていただきました。
 雨水により土が削られてしまったところへ、土を補充しました。補充した土の量は約1トン。みんなで協力して、作業場所まで運びました。何往復もして、無事すべての土を補充することができました。
 海南高等学校大成校舎の皆様は、3回目の道普請ウォークへのご参加となりました。世界遺産に直接触れ、自分の手で保全活動を行うという貴重な経験ができたと思います。みなさん、保全活動にご協力いただきありがとうございました。
IMG_9997-2.jpgIMG_9998-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年09月07日

さわかみ一般財団法人【道普請】2019/09/07

IMG_5901-2.jpgIMG_5909-2.jpg
 さわかみ一般財団法人の皆様方に、熊野参詣道中辺路三越峠付近にて道普請を行っていただきました。今回の作業は、道を補修する作業ではなく「道を守る」ための作業でした。
 三越峠から発心門王子跡に向かって700mほど行ったところ(道標54と55の間)に谷があり、その谷を渡るのに橋がかかっています。その橋の下には土砂が堆積し、水の通り道がない状態になっていました。もし台風や大雨で大水が出たときに、橋ごと参詣道が流されてしまう恐れがあるため、その土砂の撤去作業をしていただきました。
 大きな石や砂利、土、落木など動かせるものは動かし、川の両側へ寄せ、水の流路を確保しました。約4時間にわたって作業を行っていただきました。
 今回のさわかみ一般財団法人様の道普請には、一般の方から2名のご参加もいただきました。また「和歌山ファイティングバーズ」様からも5名の方々に強力な協力をいただきました。皆様の力が合わさり、堆積していた土砂をあらかたきれいにすることができました。作業前の様子と比べると、どれだけ仕事をやったかがよくわかりました。
 本日の場所は、8年前にもさわかみ一般財団法人様に道普請を行っていただきました。今回も労働量の多い作業となりました。毎回、本当にありがとうございます。今後とも、「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全に対するご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
IMG_5871-3.jpgIMG_5917-2.jpg
道普請前
道普請後



IMG_3373-2.jpg
ちなみに、今年の4月はこのような状況でした。
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年09月04日

近畿大学学生部【道普請】2019/09/04

IMG_5831-2.jpgIMG_2608-2.jpg
 前日に引き続き、近畿大学学生部の皆様方に、熊野参詣道中辺路(伏拝)で道普請を行っていただきました。二日連続での道普請。前日の疲れもあったかと思いますが、前日同様約2トンの土を参詣道の雨水により削られてしまったところへ補充していただきました。
 まずは、伏拝口バス停から伏拝王子跡まで約1kmを歩きました。伏拝王子跡に到着後、道普請を開始しました。土入れ作業、土の運搬作業、整地作業とも、皆様前日に経験していることもあり、手際よく作業を進められ、40分ほどの時間ですべての土を補充・整地することができました。作業後には、使用した道具の後片付けまできっちりとしていただきました。ありがとうございます。
 作業終了後は伏拝茶屋周辺で昼食をとり、その後、皆様方に土を入れていただいた場所を通りながら、熊野本宮大社までの参詣道ウォークを行いました。前日土を入れた場所は、道普請直後に降った雨でどうなったのか心配されましたが、きれいにそのまま残っておりホッとしました。
 二日間かけて世界遺産講座、道普請、参詣道ウォークをしていただき、皆様方には熊野のすばらしさを十分に満喫いただけたのではないかと思います。来年度以降も、是非また道普請ウォークにご参加いただければと思います。またのお越しをスタッフ一同心よりお持ちしております。
IMG_2609-2.jpgIMG_5839-2.jpg

 
IMG_2600-2.jpgIMG_2614-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年09月03日

近畿大学学生部【道普請】2019/09/03

IMG_5818-2.jpgIMG_5824-2.jpg
  近畿大学学生部の皆様方に、熊野参詣道中辺路(祓殿)で道普請を行っていただきました。
 道普請の前に、まずは熊野本宮館の多目的ホールで世界遺産講座を受講していただきました。その後、歩いて祓殿石塚のところまで上がり、いよいよ道普請開始です。用意いただいた土は、約2トン。その土を土嚢袋に小分けして入れ、それを手で持ったり肩に担いだりして運んでいただきました。土置き場から土の補充個所までは約200m。上り坂もあり、また残暑厳しい中でもあり、何度も往復して運ぶのは大変な作業でした。それでも、1時間ほどの作業ですべての土を運び終えることができました。土を補充したところはたこや足踏みでしっかりと固めていただきました。
 作業中は、参詣道を歩かれている人たちから「ありがとう!」と言ってもらったり、外国から来られた方と一緒に作業をする写真を撮ったりしていました。しんどい作業の中でも、やりがいや楽しさを感じていただけたのではないかなと思います。
 同大学学生部では、毎年夏休み期間中に各地に学生ボランティアを派遣しており、今回は学生32名と職員4名の36名の皆様方で、二日間にわたって熊野参詣道の保全活動にご協力くださいました(二日目の模様は、別ページにて)。近畿大学学生部の皆さま、参詣道の保全活動にご協力いただき、誠にありがとうございました。
 
IMG_5809-2.jpgIMG_2595-2.jpg
IMG_5812-2.jpgIMG_2599-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年08月12日

49−3即自有志【道普請】2019/08/12

IMG_5483-2.jpg
 49−3即自有志の皆様方に、熊野参詣道中辺路(式水)で道普請を行っていただきました。
 まず、式水茶屋近くの土置き場から、水呑王子跡方向へ500m程上がった本日の作業箇所まで、横木や杭などの資材を運んでいただきました。その後、溝に使用している木のうち朽ちてきているものを交換していただきました。また、土を補充する箇所には土の流出を防ぐための横木を設置していただきました。
 作業箇所での準備が終わると、いよいよ土嚢袋に入った土を運ぶ作業です。土嚢袋を背負子に入れ背負って運んでいただきました。また、さらに両手にも持って運んでおられる方もいました。今回も土置き場からは距離があり、しかも上りという過酷なコンディションでの作業でしたが、何度も往復を繰り返し、2tの土をすべて補充していただきました。補充したところは、「たこ」でしっかりと固めていただきました。
 午前中とはいえ、やはり8月。暑さ厳しい中での作業でしたが、参加された11名の皆様の力で、無事2tの土を補充・整地することができました。即自有志の皆様方、いつも暑い時期に厳しい内容の作業をしていただき、ありがとうございます。今後とも、参詣道の保全活動へのご協力のほど、よろしくお願いいたします。
IMG_5448-2.jpgIMG_5490-2.jpg
IMG_5475-2.jpgIMG_5500-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年06月25日

森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社様【道普請】2019/06/25

IMG_4758-2.jpgIMG_4766-2.jpg
 森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社の皆様方に、熊野参詣道中辺路の伏拝王子跡付近にて道普請を行っていただきました。
 伏拝バス停でバスを降り、まずはそこから伏拝王子跡までのウォーキングを行いました。上り坂がきつく、また日差しも強かったので、結構ハードなウォーキングであったと思います。伏拝王子跡付近の土置き場に到着すると、作業についての説明を聞いていただき、いよいよ道普請を開始しました。ご用意いただいた土は約2トン。34名の皆様で、土の入った土嚢袋を補充個所まで運ぶ作業をしていただきました。今回は、補充場所が土置き場から遠かった(約450m)ので、この運搬作業もとてもしんどかったと思います。約1時間をかけて、無事すべての土を補充していただきました。土を補充したところは、鋤簾で均し、たこでしっかりと突き固めて整地していただきました。
 森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社の皆様方は、今回新人研修を兼ねて道普請ウォークにご参加いただきました。道普請ウォークへのご参加は、今回で7回目になります。「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動に継続してお取り組みいただき、誠にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_2519-2.jpgIMG_2524-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年06月22日

関西電力労働組合和歌山地区本部様【道普請】2019/06/22

IMG_4739-2.jpgIMG_2503-2.jpg
 関西電力労働組合和歌山地区本部の皆様方に、高野山参詣道女人道のお助け地蔵付近にて道普請を行っていただきました。
 ご参加いただいた皆様方は、まず高野山会館にて世界遺産講座を受講されました。その後、大門付近へとバス移動し、それから道普請を行っていただきました。
 土置き場に到着すると、作業についての説明を聞いていただき、いよいよ道普請を開始しました。ご用意いただいた土は約1トン。その土を土嚢袋に入れる作業や、土の入った土嚢袋を手に持ち補充個所まで運ぶ作業をしていただきました。土置き場から補充箇所までは、約200mありました。15名の皆様で何度も往復していただきました。そして、無事すべての土を補充していただきました。土を補充したところは、鋤簾で均し、たこでしっかりと突き固めて整地していただきました。
 関西電力労働組合和歌山地区本部の皆様方は、和歌山地区本部としては今回初めての道普請ウォークへのご参加となりました。今回は「青年層教育」の一環として、入社1年目から2年目の組合員を対象に、仲間意識や連帯意識を醸成するとともに教育・研修を通じて立派な社会人・組織人の形成を図りながら地球環境保全など社会貢献に寄与するという目的の下、道普請ウォークにご参加くださいました。「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動にお取り組みいただき、誠にありがとうございます。またのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。ありがとうございました。
IMG_2494-2.jpgIMG_2507-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年06月08日

サントリー酒類株式会社様【道普請】2019/06/08

IMG_4536-2.jpgIMG_4546-2.jpg
 サントリー酒類株式会社の皆様方に、熊野参詣道中辺路(祓殿)で道普請を行っていただきました。
 ご参加いただいた皆様方は、まず熊野本宮館多目的ホールにて世界遺産講座を受講されました。その後、平岩口バス停へとバス移動し、そこから熊野参詣道を歩き熊野本宮大社を目指しました。その中で、道普請を行っていただきました。
 祓殿の土置き場に到着すると、道普請の作業について説明を聞いていただき、道普請を開始しました。ご用意いただいた土は1トン。土置き場から土の補充箇所までは、約200m。12名の皆様で何度も往復し、無事すべての土を補充することができました。土を補充したところは、たこでしっかりと突き固めていただきました。
 サントリー酒類株式会社の皆様方は、今回で2回目の道普請ウォークへの参加となりました。昨年度は雨天により実施できず、今回も前日の雨で実施が危ぶまれ心配しておりましたが、実施することができ良かったです。参加者の方からは、世界遺産の道を自分たちの手で補修するという貴重な体験ができたとおっしゃっていただきました。「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動にお取り組みいただき、誠にありがとうございます。またのお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。
IMG_4527-2.jpgIMG_4554-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請

2019年06月01日

一般社団法人日本旅行業協会関西支部(JATA)【道普請】2019/06/01

IMG_4329-2.jpg
 一般社団法人日本旅行業協会関西支部(JATA)の皆様方に、熊野参詣道中辺路(祓殿)で道普請を行っていただきました。
 参加された皆様方は、伏拝口バス停でバスを降り、そこから熊野本宮大社を目指して参詣道を歩かれました。伏拝王子跡、三軒茶屋跡を通り、祓殿石塚付近に到着後、道普請開始となりました。先日山土を補充したところに最後の仕上げとして土の補充及び整地作業をしていただきました。補充していただいた土は、約1トン。土嚢袋への土入れ作業やそれを補充箇所まで運ぶ作業、補充したところを「たこ」やタンパーで固める作業をしていただきました。
 作業終了後は、ウォークを再開され、熊野本宮大社まで歩かれました。また、翌日には、湯の峰温泉から大日越えをされ、熊野本宮大社までを歩かれました。二日間かけての道普請ウォークで、皆様には初夏の熊野を満喫いただけたことと思います。
 JATAの皆様方は、今回で8回目の道普請ウォークへの参加となりました。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動に継続してお取り組みいただき、誠にありがとうございます。またのお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。
IMG_4092-2.jpgIMG_4346-2.jpg
道普請前
道普請後
posted by 和歌山県世界遺産センター at 00:00 | 道普請